DIY外壁塗装の注意点!塗料をムラをなく塗るためには?

外壁塗装をDIYで行う場合、注意する点はいくつかあります。足場の組み立て、外壁の洗浄、塗料の選択、塗料の塗り方など様々な点で気をつけなければ仕上がりは良いものにはなりません。今回は、その中でも塗料をムラなく塗るにはどうすればいいかを解説します。

 

 

塗装方法

外壁に塗料を塗る方法は主に3種類あります。

・ローラー
・刷毛
・吹き付け

この3種類が外壁塗装の塗装には用いられています。この3種類のメリット・デメリットについて見てみましょう。

工法 メリット デメリット
ローラー ・塗料の飛散が少ない
・ムラが出にくい
・塗りやすい
・細かい箇所は塗る際は技術を要する
刷毛 ・細かい箇所を容易に塗ることができる ・広範囲を塗るには向いていない
吹き付け ・多様な仕上がりを演出できる
・仕上がりを長く保つことができる
・ムラが出やすい
・飛散しやすい
・かなりの技術を要する

ほとんどの塗装業者さんはローラー工法と刷毛との両方を用いて塗装することが多いです。吹き付け工法は他の工法では出せない仕上がりを演出できますが、かなりの技術が必要になります。塗装業者さんの方でも飛散しやすいことや塗料の無駄が多くなってしまうことから現在はこの工法を採用している業者さんの方が少ないです。

結論を言えば、DIY外壁塗装をする場合、一番適している工法は

ローラー工法

です。ローラー工法は飛散の心配をする必要がなく、一般の方でも比較的に容易くムラなく塗装することができます。

外壁塗装ではきちんと塗装できなければ、劣化の進行を早めてしまうため、再度塗装しなければならなかったり、それを放置してしまえば、お家に大きなダメージを与えてしまいます。このダメージが大きくなると、最悪の場合立て直しが必要になってきます。

 

 

綺麗に塗装する手順

ローラー工法と刷毛を用いた塗装の仕方についてご紹介します。今回は、足場組、洗浄など工程の手順は省いて塗装のやり方についてフォーカスを当てて解説したいと思います。

必要道具

・ローラー
・トレイ
・軍手
・刷毛
・下塗り塗料
・上塗り塗料

 

[1] 下塗り塗料を準備

まずは、使用する下塗り塗料の準備からです。シーラーの場合であれば、特に水に薄めることなく使用できます。フィラーの場合は水で薄める必要があります。塗料缶に何%薄めるかは記載されているので、その分量で薄めましょう。

水を投入後はしっかりと混ぜ合わせましょう。塗装業者さんは電動工具を使用して一気に混ぜ合わせますが、DIY塗装ではそうはいきません。木の棒などで5分ほどしっかりと混ぜ合わせる必要があります。

 

[2] 下塗り塗料を塗る

まずは、刷毛を用いて角などの細かい箇所を塗装します。刷毛で塗装する際は毛全体に塗料をつけるのではなく、先から半分までをつけて塗装するようにしましょう。毛全体をつけてしまうと塗料が滴り落ちてきて、うまく塗装することができなくってしまうので注意が必要です。

刷毛での作業が終わったらローラーで塗装をします。ローラーはしっかりと塗料に浸しましょう。そして、塗料を配るようにゆっくりとローラーを転がして塗っていきます。ローラーの先端は跡が出やすいため、あらかじめローラーの先端部分を壁に擦り付けて余分な塗料を除いてから塗装すると、綺麗な仕上がりになります。

 

[3~4] 中塗り・上塗り

下塗り塗料を終えたら、中塗り・上塗りをしていきます。手順は使用する塗料が違うだけで下塗りの工程と一緒です。焦らず、ゆっくりと塗っていきましょう。

注意点として、下塗り、中塗り後はしっかりと時間を空けてから次の工程に入りましょう。仕上がりをよくするためには一つ一つの工程で塗った塗料をしっかりと乾燥させる必要があります。半乾きの状態で次の塗料を塗ってしまうと上から塗った塗料が吸収されてしまうので、ムラができてしまったり塗料の性能を落としてしまいます。季節や塗料によって乾燥時間は違いますが、一般的には3〜6時間の乾燥時間を空ける必要があります。

 

[5] 確認・片付け

最後に塗装されていない部分がないかを確認し、養生を剥がし片付け後工事完了です。使用したローラーは必ずハンドルから外して捨てましょう。ハンドルにつけたまま保管してしまうと塗料が固まりハンドルから外せなくなってしまいます。刷毛に関しては中性洗剤で洗い保管しましょう。

 

 

まとめ

外壁塗装DIYの塗装で失敗しないためには

・ローラーを使用する
・ゆっくり塗る
・乾燥時間はしっかりと空ける

ことです。外壁塗装DIYではどんなに良い塗料を使用していたとしても、塗る方法をしっかりと理解していなければムラが出てしまったり、すぐに剥がれが出てしまったりと性能が全く出せません。また、塗るという作業は一見簡単そうに見えますが、やってみると思ってる以上に難しいです。外壁塗装で失敗してしまった時の費用は他のもののDIYと比べ格段に高いです。塗装を失敗してしまって塗装業者さんに依頼するとなると塗装を剥がすことから始めなければならないので、工期も費用も一般的な相場より1.5倍は高くなってしまうことを覚えていてください。

もし、外壁塗装DIYをやってみようという方は、まずは外壁塗装に関する知識をしっかりと蓄えてからチャレンジしてみましょう。

↓↓↓DIYに関する参考記事↓↓↓

気をつけて!DIY外壁塗装リフォームの落とし穴を徹底解説!