塗り替えのタイミングについて徹底解説!!

外壁塗装では基本的に10年前後が塗り替えの時期と言われています。ですが、こまめにメンテナンスを行っていれば10年以上持つこともありますし、逆に10年以上持つグレードの塗料を使用していたとしても10年経たずに、塗り替えをしなければならなくなる場合もあります。

今回は塗り替え時期のサインについてご紹介します。

 

チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁塗装に手で触れた時に白い粉が付着する現象のことをいいます。チョーキングは紫外線や雨風を受け続けたことによって顔料が、チョークのように粉状になってしまい、消耗してしまいます。

チョーキング現象は塗料の経年劣化で発生するもので、どんなにメンテナンスしても必ずおきてしまうものです。発生している場合は、塗料の寿命が来ていることになるので、塗り替えのサインになります。

基礎知識!外壁塗装のチョーキング現象って何?

 

 

クラック

クラックとは、ひび割れのことです。クラックも経年劣化によって起きる場合もあります。四季によっての温度変化によって外壁塗装で使用される塗料や材は体積の収縮が起こります。この収縮によってクラックが発生します。

特に、寒冷地の場合、水分が凍結融解を繰り返すことでクラックを引き起こす凍害が発生しやすいので注意が必要です。

冬に注意!!外壁塗装の凍害について解説

 

 

コケやカビ

コケやカビが外壁に付着している場合は、外壁の防水機能が低下している可能性があります。そのまま放置していると耐久性が悪化していき、雨漏りなどといった住まいに重大な被害がを与えるケースも考えられます。

コケやカビであれば、自分で取り除くことができるので、それ以上の繁殖を防ぐためにメンテナンスをして除去することが大切です。

 

 

サビ

金属部分は、錆びやすい部分です。雨に晒され続けることによって、外壁もさびてしまうことがあります。サビは美観を損なうだけでなく、悪化していけば穴開きになってしまうこともあるので、メンテナンスが必要です。

何故?外壁塗装のサビについて徹底解説!

 

特に、海沿いの住まいは雨だけでなく潮風によって外壁は錆びやすくなっているのでこまめなメンテナンスが必要です。

海沿いは注意!?塩害に強い外壁塗装を解説

 

 

まとめ

外壁塗装は費用が高く、工期も長いので塗り替えの時期に入っても放置してしまいがちな工事です。しかし、塗料の劣化どんどん進行していきます。進行していけばいくほど費用も高くなってしまいます。費用を抑えるためには、適切なタイミングで外壁塗装工事をすることが重要です。