艶消し塗料と艶あり塗料について解説

Roller for painting home, business symbol

外壁塗装の色選びは誰しもが悩まれると思います。また、色の選択以外にも艶ありにするか艶無しにするかも悩むことがあります。塗料の艶には艶あり、艶なしの他にも七分艶、五分艶なども販売されています。今回は艶あり・艶なし塗料の特徴についてご紹介します。

 

 

塗料の艶とは

塗料の艶には、実は明確な基準は存在していません。一般的に言われている塗料の艶を計測する方法として、外壁の60度の角度から100の光が差し込んだ時に、どれくらいの光が反射されるかで決まるようになっています。反射される光の強さを光沢度といい、この度合いで艶の名称が決まっています。

光沢度が70以上であれば艶あり、70で七分艶、5以下だと艶無しとなっています。

 

艶消し塗料の特徴

艶あり、艶無しの塗料には機能の差が存在します。

艶消し塗料は添加剤を混ぜ表面をざらつかせて、光を拡散することで光沢度を低くさせています。この結果、外壁の表面に汚れやホコリが付着しやすくなってしまうというデメリットを持っています。また、添加剤を混ぜているため、僅かですが耐久性も落ちています。

費用の方も艶あり、艶なしを選択できる塗料の場合はこれも僅かですが、艶なし塗料の方が高くなります。

艶消し塗料のメリットとしては、

・落ち着いた雰囲気の仕上がりになる
・高級感を演出できる
・経年劣化による見た目の変化があまりない

などが挙げられます。

 

艶あり塗料の特徴

艶あり塗料の特徴は、仕上がりはまるで新築のような仕上がりにすることができる点です。艶消し塗料の場合、仕上がりが思った以上に変わらなかったという意見もあります。

また、艶消し塗料と比べ汚れがつきにくいことも挙げられます。前述の通り、艶消し塗料は添加物が混ざっているので、性能が落ちてしまいますが、艶あり塗料の場合は、塗料の性能をそのまま発揮できます。

デメリットとして挙げられるのは艶は2〜3年で消えてしまうという点です。外壁塗装の劣化が一番早く目に見えてしまうところは艶であり、2〜3年経てば艶消しとあまり変わらない、見た目になってしまうことがデメリットとして挙げられます。

 

どちらがいいか

結論を先に申し上げますと、艶は好みで決めることが一番良いかと思われます。艶消し塗料は性能を落とすといっても、耐用年数が5年縮むといったような大きな差はありません。状況によっては艶ありの方が早く劣化してしまうことも考えられます。

艶有り塗料は新築のように見えるという一方で安っぽく見えてしまうという方もいらっしゃいます。

外壁塗装の色や艶選びで重要なことは、色々な角度から見てみるということです。カタログやカラーシュミレーターのみで判断するのではなく、日が射してる時と日が射していない時は全く違う色に見えます。試し塗りをしてくれる塗装業者もいらっしゃるので、艶を選択する際は様々な角度から見てみることが重要です。