外壁塗装はなぜするのかを徹底解説

外壁塗装は一般的に10年に1回はする必要があると言われています。外壁塗装は費用が高くまた、外壁の劣化というのは一般の方には目に見えづらく工事を先延ばしにしまいがちだと思います。

しかし、外壁塗装は間違いなくする必要があります。今回はなぜ外壁塗装が必要なのかをご説明します。

 

塗装は常に劣化していく

塗装はただ家を綺麗にするためだけでなく雨や風から家を常に守り続けています。このダメージが蓄積され限界がくると剥がれや浮きの原因になります。この剥がれや浮きを放置すれば雨水などが侵入して家の内部に大きなダメージを与え、最悪の場合雨漏りが発生し私生活にも影響が出てきます。

ここまでの被害がでてしまった時の費用は外壁塗装の費用も格段に高くなってしまい、さらに雨漏り工事もする必要があるため内装工事の費用もかかってきます。外壁塗装ではこういった被害を被らないために必要になるのです。

 

外壁塗装を放置するとどうなるか

外壁塗装を先延ばしにし続けた場合どうなるかご説明します。

1.艶がなくなる

外壁塗装の塗料には大まかに艶ありと艶なしの塗料があります。艶なし塗料の場合はもとから艶はないので、影響はありませんが、艶有り塗料は2〜3年経つと艶がなくなっていきます。外壁塗装の劣化はまず艶から出ると言われています。

 

2.防水効果が消えてくる

外壁塗装は雨などの水分から家をまもるために防水性能を持っています。この防水性能が年々失われていきます。

 

3.クラック発生

防水効果がなくなっていくと、塗料の塗膜の劣化が始まっています。クラックが起きた部分から微量な水分が外壁内部に侵入し劣化が早まっていきます。

 

4.雨漏り

最悪の場合が、雨漏りです。雨漏りが発生してしまっている場合は外壁の劣化もかなり進んでいる状況です。また、家の内部にもダメージが行き渡っているために修理には一般的に外壁塗装の相場の1.5倍近くになると言われています。

 

まとめ

外壁塗装が必要な理由は

・雨漏りした時の費用は相場の1.5倍

・塗装の剥がれがでることによって見た目が悪くなってしまう

大まかに、この二点が挙げられます。見た目がわるくなってしまうのがもちろんですが、工事を引き延ばすことによって費用が高くなってしまうことが、一番の理由です。10年経った際は、まずはクラックなどの被害が出ていなかったとしても、塗装業者さんなどに点検を依頼してみましょう。