意外に知らない!?外壁塗装の汚れの種類について解説

外壁は、様々な汚れが付着します。サビやコケなどがついて美観が損なわれてしまうことが多くあると思います。今回は外壁に関する汚れについて、またその洗浄方法をご紹介します。

 

汚れの種類

外壁には様々な汚れの種類が存在しています。外壁や屋根の汚れにはどんなものがあるのか見て行きましょう。

 

雨だれ

外壁には空気中の油分や排気ガスが付着していきます。その付着した汚れが雨が降ることにより流されることになりますが、換気口や窓枠の部分にはその汚れが流れ切らずに残り、乾燥してしまうと水が垂れたような黒い跡になります。この汚れは高圧洗浄機などの水洗いで比較的簡単に落とすことが可能です。

コケ・カビ

外壁にもコケやカビは発生します。一般的にコケやカビは日当たりが良くないところや風通しが悪い所に発生しやすいと言われています。塗料によっては、防カビ性の塗料もあるので気になる方は塗料を決める際の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

これらの汚れはご自身で洗浄することによって十分に落とすことができます。洗浄方法は水洗いです。高圧洗浄機がご自宅にあれば、それを使用するのが一番ですがない場合はブラシなど使用すれば比較的に簡単に落とすことができます。それでも落ちない場合は中性洗剤を使用して落としましょう。注意点としては使用した薬剤はしっかりと落とすことが重要です。塗料が変色してしまう可能性があります。

 

サビ

金属でできたものにはサビが付着します。外壁にもサッシの部分は金属でできているので、サビが出てしまうことがあります。このサッシ部分にできたサビは雨によって金属部分以外の箇所にも雨だれのように広がっていくこともあります。また、酸性雨に微量に含まれている金属系のイオン分子が塗料の成分に反応してサビができてしまうこともあります。

サビの汚れに関しては水洗いで落とすことは難しいので市販のサビ落とし剤などを使用して落としましょう。こちらも同様に、薬剤はしっかりと洗い流す必要があります。

海沿いの住まいの方は海からの潮風によってサビが発生しやすいので注意が必要です。放置してしまうとサビが広がってしまうので小まめにメンテナンスをすることが大切です。

 

まとめ

小まめに汚れを落とすことによって、外壁を綺麗に保つだけでなく外壁塗装の寿命を延ばすことができます。逆に放置してしまえば美観が損なわれるだけでなく、外壁塗装の寿命は縮まってしまいます。小まめなメンテナンスを心がけ流ことが外壁塗装にとって重要なことです。