必見!!外壁塗装の優良業者の見分け方

外壁塗装の塗装業者を選ぶのは難しいと言われています。理由として、塗装業者の中には多額の費用を請求して手抜き工事を行う悪徳な塗装業者がいるからです。

今回はそんな優良な塗装業者かの見極め方をご紹介します。

 

相場からかけ離れた見積もり

外壁塗装では住まいによって大きさは同じと言えど、形状や使用する塗料によって費用は変わってきます。費用の相場として、一般的な住宅の大きさ30坪で塗料のグレードがシリコンの場合、費用相場は以下の通りになります。

項目 合計
足場 80,000円~120,000円
高圧洗浄 24,000円~30,000円
養生 40,000円~60,000円
飛散防止ネット 12,000円~95,000円
シーリング 83,000円~105,000円
下地補修 10,000円~20,000円
下塗り 70,000円~100,000円
シリコン系塗料 300,000円~420,000円
合計 609,000円~925,000円

悪徳な塗装業者はこの費用の倍以上の金額の見積もりを出してくることがあります。

また、中には相場よりも安い見積もりも注意が必要です。外壁塗装では材料費もかなりかかっています。相場よりも費用が安い場合は、材料費を確保することができず、手抜き工事を行われる可能性が非常に高いです。

外壁塗装の費用は安すぎても高すぎても悪徳な塗装業者の可能性があります。まずは、ご自身の住まいの費用相場を確認しておくことが大切です。

 

飛び込み営業はNG

外壁塗装の飛び込み営業をしている塗装業者はまず優良な塗装業者とは言えません。飛び込み営業を行なっている会社はあくまで営業会社なので、実際に工事をするのは下請けの塗装業者か、孫請けの塗装業者です。営業会社は塗装業者と顧客を結びつけることでそこから中間マージンをを得ています。

この中間マージンを取ることによって、一般的な相場よりも高い見積もりになってしまうことが外壁塗装の飛び込み営業がおすすめできない理由です。

ネットが普及していない頃は、そもそも外壁塗装業者を探すことが非常に難しかったので、こういった営業をしている塗装業者多くいました。しかし、今はネットで十分に優良な塗装業者を見つけられる時代になっています。自分で塗装業者を見つけることができれば、中間マージンは一切かかることがないので、費用を抑えて仕上がりが良い外壁塗装ができるようになります。

 

オリジナル塗料は危険

塗装業者の中には、オリジナル塗料をおすすめしてくる塗装業者がいます。「オリジナル塗料を使っているので安い費用で高品質」という謳い文句は悪徳な塗装業者が良く用いるトーク術です。塗料を開発するのには非常にコストがかかります。

オリジナル塗料を謳い文句にする理由は、相場をうやむやにするためです。オリジナル塗料なので、相場というものが存在しません。なので、性能は安価な塗料と同じでも、費用はいくらでも高くすることができるというわけです。

 

保証・アフターケアがしっかりしている

しっかりと抑えておきたいところが、保証・アフターケアについてです。外壁塗装ではどんなに仕上がりがよかったとしても、2〜3年後に剥がれが出てくるということがあります。優良な塗装業者はある程度の追加費用がかかることはありますが、しっかりとサポートしてくれます。

しかし、悪徳な塗装業者はアフターケアではお金を取ることができないので対応すらしてくれないことがあります。

外壁塗装は10年が寿命と言われています。2〜3年しか持たなければかかる費用は倍以上になってしまうので、保証・アフターケアを確認することは重要になります。

 

まとめ

優良な塗装業者の見極め方、4点をご紹介しました。外壁塗装の失敗しないようにするためには優良な塗装業者に依頼することが最も重要です。

カベヌリタイムスでも厳選された優良な塗装業者様をご紹介していますので、ぜひご利用下さい。