雨漏りは外壁塗装が原因!?

外壁塗装をしなければならない理由に雨漏りを防ぐというものがあります。外壁塗装と雨漏りには密接な関係があります。今回は雨漏りと外壁塗装の関係性についてご説明します。

 

外壁塗装と雨漏りの関係性

雨漏りは雨や湿気などの水分が家の内部にまで行き渡り、限界点に達してしまうと雨漏りが発生します。この水分の侵入経路は外壁や屋根などのヒビ割れから侵入してくることがあります。また、外壁塗装には防水性の性能があります。この防水性能が経年劣化することにより機能性が失われていき家の内部に水分を侵入させてしまいます。

 

クラック(ひび割れ)の種類

外壁のひび割れにも軽度から重度のひび割れが存在しています。
ひび割れにも種類があり、その種類によって雨漏りの危険度は変わってきます。

名称 危険度 内容
ヘアークラック 軽度 名前の通り髪の毛のような厚さのひび割れです。外壁塗装の塗膜にひび割れが起きている状態なの
で、軽度のひび割れになります。
乾燥クラック 軽度 モルタル壁の外壁塗装の場合、乾燥によって水分が蒸発してしまい収縮することがあります。この乾燥状態によってひび割れを起こすことがあります。
構造クラック 重度 建物自体の構造的な欠陥や凍害による被害などで、構造自体に歪みが発生して起こるひび割れです。この状態は雨水が入ってきてしまい建物の腐食が進みやすいため、雨漏りの危険性が非常に高いです。

上記の通り、ひび割れにも様々な種類があります。ヘアークラックであれば、雨漏りまで心配する必要はありません。逆に構造クラックの場合は雨漏りが起こりやすいので、修繕する必要があります。

 

雨漏りへの対策

雨漏りを危険性を低くするためには外壁塗装のひび割れを起こしづらい塗料を選ぶことです。塗料の中には弾性塗料というひび割れが発生しづらい塗料があります。弾性塗料はゴムのように伸びる性質があり、外壁の下地にヒビが入っても、弾性塗料の伸縮性によって、ヘアークラックのような細かいヒビであれば表面にヒビが出ることはありません。

 

まとめ

外壁塗装のヒビは雨漏りと密接な関係があります。ひび割れを防ぐことによって十分な雨漏り対策をすることが可能です。もし、仮に雨漏りが発生してしまった場合は、外壁塗装工事だけでなく、内装工事もする必要があり、費用がかなりかかってしまいます。雨漏り対策には十分な対策をしていきましょう。