要注意!!屋根塗装の詐欺について解説

外壁塗装、屋根塗装では必ずしも優良な業者という訳ではありません。中には、詐欺まがいの契約をさせてくる悪徳な塗装業者もいます。今回はその中でも屋根塗装についての詐欺手口についてご紹介します。

 

火災保険を利用した手口

火災保険を利用して屋根工事を行う方はいます。しかし、業者の方から火災保険を利用して無料で工事できるということを推して契約を勧めてくる場合は注意が必要です。

火災保険はそもそも、塗装業者が適用できるかを判断するのではなく、保険会社が派遣した鑑定人が保険をできるかを判断します。屋根工事業者が「これなら火災保険使えます」と言っても鑑定人ができないと言えば火災保険は適用できません。この手口は契約をさせて追加料金でお金をとる手口です。はじめは0円だったものが色々な追加工事をつけることで結果として、費用が数十万円から数百万円の費用を請求されることがあります。

また、火災保険のプランは人によって違います。屋根工事に適用される可能性があるプランは風災による被害が適用される場合です。風災の保険が効かない場合は間違いなく火災保険は下りません。もし、火災保険を適用した場合はまず契約している火災保険のプランを確認しましょう。

 

追加工事の手口

屋根の修理には少額で済むものが多いです。悪徳な業者は一度で直せるものを少しづつ直していきます。こうすることで、信頼を得ることができ、その後の大きな工事の契約を迫ることが多いです。一見、悪徳な業者には見えにくいですが優良な業者と費用を比較してみると倍以上のさが出ることもあります。優良な業者であれば施工前にきちんと視察しどんな工事が必要なのかを説明してくれます。何度も追加工事が発生する場合はまず悪徳な業者と見て間違いないでしょう。

 

屋根リフォーム

屋根の工事は一般の方から見えにくい箇所の工事なため、業者の方からこの工事は絶対に必要だと言われると、ついつい依頼してしまいがちです。しかし、本当にその工事が必要だとは限りません。見えにくいことをいいことに悪徳な業者は必要のない工事までどんどん増えていきます。本当にひどい場合ですと、業者本人が屋根を壊して、修理をするというとても悪質な業者もいます。

 

詐欺に合わないためには

訪問業者は避ける

訪問業者はまず避けましょう。外壁・屋根工事の訪問業者は悪徳業者である可能性が非常に高いです。見積もりが相場の倍以上の見積もりを出しているところも多いです。訪問業者は工事費用だけなく中間マージンを取ることにより、見積もりが高くなっています。また、施工する方は下請けの業者が行うので意思疎通がとりづらいというデメリットもあります。

 

明確に希望を伝える

業者の方に何をやってほしいかをしっかりと伝えることは大切です。希望を明確にしていれば、もし仮に追加工事が必要だと言われてもしっかりと判断ができると思います。

 

数社に見積もりを取る

1社の見積もりではその見積もりが高いのか安いのかということがわかりません。外壁・屋根工事は住まいによってまた、工事内容によって費用は大きく変わります。見積もりを数社から取ることによって、大体の相場を判断することができ、比較することにより優良な業者かも判断することができます。必ず3社以上から見積もりを取るようにしましょう。