必見!!外壁塗装の塗料選びのコツを解説

外壁塗装の塗料選びは誰もが悩むと思います。性能はどうなのか耐用年数はどれぐらいがいいのか、費用はどうなのかなど色々悩むところがあります。今回は塗料選びの知識として塗料のグレードの特徴について解説します。

 

塗料のグレード

塗料のグレードにはアクリル、ウレタン、シリコンなど様々あります。代表的なグレードの相場はこちらです。

塗料の種類 耐用年数 費用(平米単価)
アクリル系塗料 5~8年 1,000円~1,200円
ウレタン系塗料 7~10年 1,800円~2,000円
シリコン塗料 10~15年 2,500円~3,500円
フッ素系塗料 15~20年 3,500円~4,500円

グレードごとに耐用年数や費用が大きく変わってきます。

 

アクリル系塗料

アクリル系塗料は費用が安いことが特徴ですが、最もグレードが低い塗料です。耐用年数は5年ほどしかないので、長期的にみると費用は高くなります。

旧世代のグレードの塗料なので、現在は使用されることが珍しいです。費用を本当に抑えたい場合でも長期的に見れば高くなってしまうので、アクリル系塗料は今ではおすすめすることができない塗料のグレードになります。

 

ウレタン系塗料

こちらのグレードの塗料も現在はあまり使用されることのない塗料です。しかし、ウレタン系塗料は下地との密着性に優れており、塗膜が柔らかい性質から付帯部などの一部に使用されることがあります。

アパートやマンションなどの屋上にはウレタン防水というものが使用され現在でも主要に扱われていますが、一戸建ての外壁や屋根にはほとんど使用されていません。

 

シリコン系塗料

現在最も使用されている塗料のグレードがこのシリコン系塗料です。シリコン系塗料は耐用年数は10年〜15年持ち、費用もアクリルやウレタンほど安くはないもののコストパフォーマンスは一番優れています。

最も使用されている塗料であることから、耐候性の高いものや遮熱性が高いものなど種類はダントツに多い塗料です。艶やカラーバリエーションも豊富なので、どれにしたらいいか分からないと悩んでいる方にはこのシリコン系塗料がおすすめできます。

 

フッ素系塗料

フッ素系塗料はシリコン系塗料の上のグレードの塗料です。耐用年数は15年〜20年と性能が高い塗料です。外壁塗装は費用がかかる工事なので、20年に一回ということを考えれば長期的にみると実はコストパフォーマンスが高い塗料と言えます。

しかし、一回の費用は他の塗料に比べ間違いなく高くなるので、予算に余裕がある方にはおすすめできます。

 

 

オリジナル塗料は絶対に避ける

塗料は上記で紹介したとグレード以外にも様々なものがあります。しかし、オリジナル塗料を勧められた場合は、絶対に断るようにしましょう。オリジナル塗料を勧める塗装業社は悪徳な業者である可能性が非常に高いです。

悪徳業者は「オリジナル塗料だから安くできる」、「オリジナル塗料だから20年の耐用年数がある」といった言葉でオリジナル塗料を勧めてきます。しかし、このオリジナル塗料の性能で一般的に使用されている塗料の性能を超えていることは絶対にありません。

塗料の開発には莫大なコストがかかり、そんな塗料を開発しているのであれば自社のみで使用するのではなく塗料を販売した方が間違いなく儲けることができます。

どうしてオリジナル塗料を勧めてくるのかというと、現在は使用されている塗料はネットで調べればすぐにその塗料の単価が出てきます。この単価が分かってしまうと悪徳な塗装業社は高く見積もっていることが見破られてしまいます。オリジナル塗料であればその塗料の相場は分からないため、簡単に見積もりを高くすることができるというのがカラクリです。

オリジナル塗料を勧めてくる業者に優良な塗装業社は間違いなくいないので絶対に断るようにしましょう。

 

まとめ

塗料のグレードごとの特徴や選んではいけない塗料についてご紹介しました。外壁塗装の塗料選びは満足のできる仕上がりにするためには欠かせないものです。

もし、どれにしたらいいか悩んでいる方はまずはシリコン系塗料を選択することをおすすめします。こちらは塗装業社も一番塗り慣れている塗料なので、ムラなどの施工不良の可能性も減らすことができるからです。

また、どんな仕上がりにしたいかを塗装業社の方に明確に伝えれば最善の塗料を選んでくれるので、まずは相談してみましょう。