外壁塗装の相見積もりについて解説

外壁塗装ではいかに優良な塗装業者に依頼できるかが成功するかの鍵になります。いくら高額な費用がかかっても悪徳な塗装業者に依頼だった場合は仕上がりは粗末なものになってしまいます。今回は業者選びに失敗しないコツとして、相見積もりについてご紹介します。

 

相見積もりのメリット

相見積もりというのは、1社の見積もりだけではなく複数社から見積もりをとり比較検討することです。外壁塗装ではこの相見積もりが非常に大切になってきます。

費用を比較できる

外壁塗装の費用は数社とも優良業者であった場合でも費用が一緒になることはありません。どの業者にもそれぞれの特徴があります。

項目 合計
足場 80,000円~120,000円
高圧洗浄 24,000円~30,000円
養生 40,000円~60,000円
飛散防止ネット 12,000円~95,000円
シーリング 83,000円~105,000円
下地補修 10,000円~20,000円
下塗り塗料 70,000円~100,000円
シリコン系塗料 300,000円~420,000円
合計 609,000円~925,000円

こちらは一般的な30坪の住宅をシリコン系の塗料を使用して工事を行った場合の相場になります。外壁塗装の工事はこれだけの工程があります。工程によって塗装業者の方でも特徴があり、費用は業者それぞれのものがあります。特に、塗料の箇所は塗る回数も異なってくるので、費用に大きな差があります。

1社のみだった場合はその費用が適切なのかを見極めることはできないと言っても過言ではありません。複数社の見積もりを比較することで初めてわかるようになります。

 

悪徳業者かの見極め

相見積もりは費用だけでなく悪徳業者かの見極めにも有効です。悪徳な業者は費用が高いだけという訳ではありません。費用は安くして手抜き工事を行う悪徳業者もいます。このような悪徳業者を見極めるためには見積書の内容で見極めることが有効です。

例として、外壁塗装の塗装は3度塗りもしくは5度塗りが基本です。優良な塗装業社は見積書にも1回目、2回目と一回づつ項目を分けて記載しています。しかし、悪徳な業者の場合は「塗料」のみの記載しかありません。この記載だと何回の塗装が行われているかが判断できないので、見積書としては粗悪なものになります。

悪徳な業者は見積書から見極めることが十分に回避することができます。分かりやすい解釈として、塗料の部分の記載がしっかりされているか、塗料の品名は記載されているかを見てみるとはっきりとした違いがわかるかと思います。

 

安さだけで依頼するのはNG

外壁塗装では費用のみで判断することは非常に危険です。相場より明らかに安い費用で依頼してしまうと間違いなく手抜き工事が行われ、失敗してしまいます。あくまでも費用の比較は検討材料の一つとして考えることが大切です。

 

まとめ

外壁塗装の相見積もりをするメリットについてご紹介しました。外壁塗装工事はトラブルが多い工事と言われています。これは、外壁塗装の知識は一般の方にはあまり知られていないため手抜き工事を行われやすいという側面があります。結果として、外壁塗装の成功させる秘訣はいい塗料を使用するのではなく優良な塗装業者に依頼できるかが鍵になっています。

カベヌリタイムスでも、厳選された優良な塗装業者をご紹介していますので、お気軽にご相談ください。