金属系サイディングについて徹底解説

サイディングボードの中には、窯業系サイディングボード、金属系サイディングボードなど様々なサイディングボードの種類があります。これは、使用されている主成分によって分類されメリット・デメリットも様々です。

その中でも、今回は他とは違った仕上がりになる金属系サイディングボードについてご紹介します。

 

金属系サイディングボード

このサイディングボードは、ガルバニウムやアルミなどの鋼板を成形し、プレスして模様を仕上げるサイディングボードです。金属というと重いイメージがあるかもしれませんが、実は質量は軽く、その軽さを生かしモルタル壁からサイディングにする際などに使用されることもあります。

デザインの特徴としてシンプルなデザインのものが多く、気品のある清楚な仕上がりになります。

 

メリット

耐震性が高い

金属系サイディングボードの質量は他と比較すると質量が比較するととても軽くできています。質量が軽ければ、家に柱などにも負担も少なくなるので、耐震性に優れています。

 

防水性が高い

外壁塗装とって防水性は非常に重要なものなります。外壁にヒビが入り、内部に水分が侵入してしまうと内部から外壁が破損してきてしまいます。また、外壁だけでなく家の基礎にまで水分が行き渡ると最悪の場合、倒壊する恐れもあります。金属系サイディングボードは金属のため、水分が沁み込んでくる心配をする必要がなく防水性が高いと言われています。

 

断熱性に優れている

金属系サイディングボードは断熱性に優れていると言われています。これは、金属の裏に断熱材を入れているためです。断熱性が高いので、外気を寄せ付けず、室温を保ちやすくすることができます。このことから、凍害などの被害が発生する寒冷地の地域の家には特に人気があります。

 

デメリット

サビができやすい

金属でできていることからサビやすいというデメリットがあります。このサビは外壁塗装にとって非常によくないもので、美観を悪くするだけでなく、塗装の性能も著しく低下させます。サビができやすい海沿いの地域などでは、金属系サイディングボードは向いていません。

 

まとめ

金属系サイディングボードの特徴についてご紹介しました。金属系のサイディングボードの費用や耐用年数については最も人気のある窯業系サイディングボードと比較してもあまり変わりません。デザインは他のサイディングボードとは一風変わったものなので、シックな仕上がりにしたいという方にはとてもおすすめできます。