外壁塗装の基礎知識!!クラック(ヒビ割れ)について解説

外壁塗装の劣化症状はクラック(ヒビ割れ)、外壁に触れると白い粉状のものが付着するチョーキング現象、サビやカビなど外壁塗装の劣化症状は様々なものがあります。今回はその中でも代表的なクラックについて解説いたします。

 

クラックはなぜ起きるのか?

そもそもクラックはなぜ起きるのでしょうか。クラックの原因は塗膜の経年劣化によるものが主な原因です。外壁は温度によって膨張や収縮を繰り返します。この繰り返しによって塗膜が劣化していき耐えられなくなると塗膜にクラックが生じます。

 

クラックの種類

クラックの中にも種類がいくつかあります。

ヘアクラック

外壁塗装の劣化症状の中で最も見られるのがこのヘアクラックと呼ばれる劣化症状です。ヘアクラックとは髪の毛ほどの厚みのひび割れのことであり、この症状が出たからといって、早急なメンテナンスが必要というわけではありません。

しかし、これを放置してしまうと亀裂が徐々に大きくなってしまうので、上塗材を再塗装するなどメンテナンスをすると長く外壁塗装を保つことができます。

 

乾燥クラック

乾燥クラックとはモルタルなどの湿式工法による外壁材は、乾燥過程で水分の蒸発などにり収縮が起こります。その収集に塗料が追随できなくなると起こるのがこの乾燥クラックです。

この乾燥クラックは施行中にもしくは施工後何年後かに発生することが多く、施工不良が主な原因になります。

 

構造クラック

建物の欠陥や凍結と融解の繰り返し、建物の不同沈下などによって発生するのが構造クラックです建物自体が歪んでしまっているということなので、建物を修繕しなければいけない場合が多いです。例として、地震などによって建物が歪んでしまい発生するなどの挙げられます。

 

縁切りクラック

モルタルなどの塗装工法は一度に外壁全体を施工しますが、他の雨が続いて間隔が空いてしまったり、事情が空いて間隔が空いてしまうと起こるのがこの縁切りクラックです。縁切りクラックは新旧の塗り次ぎ面にひび割れが発生します。間隔が空いてしまうと、塗装した部分は次塗るときには完全に乾いてしまい縁切りクラックが発生する可能性が高くなります。

 

クラック放置は危険

ひび割れをそのまま放置すると非常に危険です。ヒビが入っている箇所から水分が内部に侵入してしまい家の根幹部分にダメージを与えてしまいます。ダメージがひどくなると木が腐ってしまい、最悪の場合は家自体を立て直しすることになってしまいますのでクラックは放置せずにしっかりとメンテナンスを行いましょう。

 

まとめ

外壁塗装のクラックについてご紹介しました。クラックは外壁塗装の劣化症状の中で最も目に見えやすいものです。クラックを発見したら塗装業者に確認してもらうなどしてメンテナンスが必要かどうかをしっかりと判断しましょう。