外壁の浮きや剥がれはなぜ起こるのかを解説

外壁塗装の劣化症状は様々なものがあります。塗料が剥がれる・浮く、カビやコケ、サビなどが主な劣化症状です。基本的に塗料は時間が経つにつれて劣化していきますが、数年の内に、塗料の剥がれや浮きがみられる施工不良によって外壁塗装の劣化を早めているの可能性があります。今回は外壁塗装の剥がれや浮きの原因について解説します。

 

なぜ剥がれや浮きが起こるのか

施工不良が原因

主な原因としては、経年劣化によるものが多いですが、数年の内に剥がれが発生している場合は施工不良の可能性もあります。外壁塗装の塗料は塗膜を張ることによって家を守る機能を持ちます。この塗膜は塗料を乾燥させることによって形成され、乾燥が不十分のままに重ね塗りをしてしまうと塗膜の形成が完全になされていないので、塗料の性能を十分に発揮させることができなくなります。塗膜が形成されていない状態では塗膜の性能が低いため劣化を加速させ、数年で外壁塗装の剥がれや浮きに繋がります。

このような施工不良は塗料が乾きづらい、梅雨の時期や氷点下を下回る時期に施工すると比較的に起こりやすい事故です。この時期でも信頼のおける優良な塗装業者に依頼していれば問題ありませんが、訪問業者などの信頼のおけない塗装業者に依頼すると究めて高い確立でこのような事故に繋がるので注意が必要です。

 

凍害による被害

窯業系サイディングボードを使用している場合は凍害による剥がれや浮きの劣化に注意が必要です。凍害とは氷点下を下回り水分が固形化されることによって発生する劣化症状です。窯業系サイディングボードはコンクリート製で出来ているので中に微量の微量の水分が含まれています。この水分はマイナス2度を下回ると固形化してしまい体積が膨張します。この膨張と融解を繰り返すことで、塗料が内部から押し出されるようになるので、剥がれや浮きの原因になります。

東北地方などの寒冷地で起きる劣化症状なので、寒冷地では窯業系のサイディングボードの使用を避けるなどの対処が必要です。

冬に注意!!外壁塗装の凍害について解説

 

まとめ

外壁塗装の剥がれや浮きの原因についてご紹介しました。主に剥がれや浮きの原因は

・経年劣化によるもの
・施工不良によるもの
・凍害によるもの

の3種類に分かれます。この特性を理解して、乾燥しにくい時期の施工は避ける、寒冷地にお住いの方は窯業系サイディングボードの使用は避けるなどを行うと、納得のできる外壁塗装になると思います。