外壁塗装の基礎知識!!ウレタン塗料について解説

外壁塗装の塗料には色や艶だけでなくグレードというものがあります。これは、塗料の主成分によって変わるものであり性能も大きく変わってきます。ウレタン塗料以外にも現在主流のシリコン塗料や高級塗料と言われるフッ素塗料などが塗料のグレードにはあります。グレードによって耐用年数も大きく変わるのでしっかりと特性をしっかりと理解しておくことが重要になります。

今回はグレードの中でも低く安価なウレタン塗料についてご紹介します。

 

ウレタン塗料とは?

ウレタン塗料とは、塗料の主成分がウレタンのものがウレタン塗料です。ウレタンとは、合成ゴムや断熱材などに使用されるポリウレタンのことを指しており、シリコン塗料が主流になる前はこのウレタン塗料が利用されていました。

メリットとして、ウレタン塗料の特徴は柔らかく扱いやすい塗料なので作業性が高い塗料です。硬化した後でも比較的に柔らかいので、ヒビが入りやすい建物には非常に適した塗料です。また、密着性にも優れているので、DIYでも扱いやすい塗料と言われています。

 

ウレタン塗料の相場

ウレタン塗料の相場を他のグレードの塗料と一緒に見てみましょう。

塗料の種類 耐用年数 費用(平米単価)
アクリル系塗料 5~8年 1,000円~1,200円
ウレタン系塗料 7~10年 1,800円~2,000円
シリコン塗料 9~15年 2,500円~3,500円
フッ素系塗料 15~20年 3,500円~4,500円

他の塗料と見てみると比較的に安価な塗料であることが分かります。また、耐用年数を見てみると7〜10年と現在主流であるシリコン系塗料と比較すると劣ってしまいます。

外壁塗装では基本的に塗装後10年を目処に塗り替えを行なったほうがいいと言われますが、ウレタン塗料の場合は10年は持ちません。目安としては塗装後7〜8年がウレタン塗料の塗り替えの目処になります。

 

ウレタン塗料のデメリット

耐用年数が劣る

上述の通り耐用年数は7~8年とやや短いです。

変色しやすい

ウレタン塗料は、紫外線によってダメージを受けやすいです。紫外線による劣化が激しい場合、色が黄色く変色してしまうことがあります。

水に反応しやすい

ウレタン塗料はウレタンの性質上、水に反応しやすいです。雨や湿度が高い状態が続くことで、塗料が薄まってしまったり、硬化剤が水分と結合し、塗膜の性能を落としてしまうことがあります。

 

まとめ

ウレタン塗料についてご紹介しました。ウレタン塗料は比較的安価ではありますが、その分性能も劣っています。外壁塗装では、ウレタン塗料でも費用は高くなるので予算と合わせて検討することが大切です。塗料の性能を理解した上で塗料選びをするように心がけましょう。