外壁塗料の油性と水性について解説

外壁塗装で使用される塗料には水性と油性の2種類の塗料があります。どちらがいいかということについては塗装業者の間でも意見が分かれており、「耐候性(耐久性)なら油性塗料」、「水性も油性も性能については違いはない」など様々な意見があります。

今回は、塗料の水性と油性の違いについて解説します。

 

塗料の3要素

そもそも塗料というものは、「顔料」「樹脂」「添加物」の3要素で構成されています。

顔料は主に色をつける役割を持っています。樹脂は耐久性などの役割をもち、添加物はツヤ消し、防錆などの特殊な機能をつける役割を持っています。

外壁塗装の塗料にはグレードによって耐用年数などの性能面が大きく変わりますが、これは「樹脂」の違いによって変わっています。

3要素は液体ではないので、これだけでは外壁に塗ることはできません。この3要素を溶かすために液体を使用し、初めて塗料として使用することができます。この液体が水で溶かすか、シンナーなどの溶剤を使用するかで、水性塗料か油性塗料かが決まります。

 

油性塗料の特徴

油性塗料の溶剤では主にシンナーが使用されます。シンナーなどの溶剤は名前の通り、溶かす能力に長けており、上記で紹介した3要素を溶かします。塗料としての性能は長持ちする傾向があり、艶も維持がしやすく汚れもつきにくいという性能が高い塗料が多いのが特徴です。

しかし、シンナーなどは環境や人体に影響を及ぼすものです。現在では極力影響が出ないように弱溶剤の塗料が作られているので、昔ほど心配されるようなことはありませんが、臭いや人体の影響も少なからずはあるというのが油性塗料のデメリットです。

 

 

水性塗料の特徴

その名の通り、水で薄めて使用する塗料です。
一昔前までは、油性塗料には性能が劣ると言われていましたが、現在では技術の進歩によって水で薄めるだけで油性塗料と同等の効果を発揮する水性塗料も増えてきました。

シンナーなどの薬品を使用することがないので、環境や人体への影響は少ないです。しかし、絶対に安全というわけでなく、水性塗料にも安定させるために溶剤は若干入っています。なので、臭いも若干ありますし、環境や人体に影響がないというわけではないという点には注意が必要です。

 

どちらを選択するか

現在では、水性塗料と油性塗料の差はほとんどありません。水性塗料は環境や人体への影響が少ないことからまだまだ、進化していきいずれは油性塗料を越えるとも言われています。

どちらを選択するかは塗装業者と相談して決めることが一番です。雨が多い地域などには水性塗料があまり向いていない場合もありますし、隣家との距離が近く近所に影響が出てしまう場合は油性塗料の使用を控えた方がいい場合もあります。

どちらを選択するかはこれらのことを塗装業者とよく打ち合わせをして判断すると満足のいく外壁塗装にできるではないかと思います。