どっちがいいの?サイディング張り替えと外壁塗装のメリット・デメリット

外壁塗装には方法として「塗装」と「サイディング」の塗装方法があります。塗装とは、歴史も古く従来の多くの建築物に使用されています。壁の基材にモルタルという材料を使用して塗装する手法です。一方、サイディングとは、サイディングボードと呼ばれるパネル状の板を使用し、壁に直接ボードを貼り付ける方法です。現在では、塗装よりサイディングを使用している建築物が多くなってきました。サイディングが多く使用されるようになった理由を今回はいくつか紹介します。まずはそれぞれのメリット・デメリットを観ていきましょう。

塗装(モルタル塗り)

メリット 従来の多くの建築物に、使用されておりサイディングより細かな所を表現する所に優れています。これは、壁の基材にモルタルを塗ると、壁全体が一枚板のようになり、まるで、外壁に絵を描くような表現もできるからです。また、完全にオーダーメードなので、デザインのバリエーションは、非常に豊富です。もし、仮にクラックが起きたとしても上から塗り直すことも可能なため、メンテナンスを小まめに行うことによって外壁の寿命を伸ばせるといった特徴もあります。
デメリット 完全に職人による手作業の方法である以上、その仕上がりには職人の腕に左右されます。職人の腕が良くなければ、自分が思っていた仕上がりにはならないことも多いです。また、サイディングの塗装技術が進んだこともあり、メンテナンスの頻度はサイディングよりも多くなっています。経年劣化をすることによって、ひび割れを起こすことがあったり、汚れが目立ちやすいといったデメリットもあります。

サイデイング

メリット サイディングは外装材(サイディングボード)を壁に貼り付ける方法です。サイディングボード自体のデザインは施工前にきめることになるので、仕上がりが想像しやすいメリットがあります。また、単価はモノにもよりますが、モルタル塗りの壁と比べると比較的に安い傾向があります。昔はデザインが少ないなどのデメリットがありましたが最近では、デザインのバリデーションやカラーバリデーションもモルタル塗りにならないくらい増えてきています。
デメリット サイディングボードは、ボード部分は汚れや劣化に強いですが、コーキング部分はどうしても劣化してしまいます。さらに、一部のボードを修繕したいと思った時に、そのボードが廃盤になっている場合があります。その場合は、全てのボードを張り替える必要があるので、費用がかなりかさんでしまいます。

 

どちらを使用した場合でも、メリット・デメリットはあります。サイディングとモルタルの価格は大きくは変わりません。サイディングの方が少しばかり安い程度です。耐久性の方も、以前はサイディングのコーキング材の耐用年数がモルタルより劣っていましたが、最近では10年以上の耐久を持つものも出てきました。サイディングも良いコーキング材を使用していれば、耐用年数自体もモルタルと大きくは変わりません。デザイン面で言えば、モルタルは独特の色合いを持った仕上がりになる、サイディングは仕上がりのデザインを容易に想像できるというそれぞれのメリットがあります。どちらが良いというよりは、それぞれの特徴を踏まえた上で、どちらが自分にとって適切かを選ぶことが大切です。

カベヌリタイムスから

カベヌリドットコムでは外壁塗装・屋根塗装を検討中の方に厳しい審査を通過した経験豊富な優良外壁塗装業者様をご紹介させていただいておりますので外壁塗装にお悩みの方、外壁塗装のお見積に関してご不安な方はカンタン15秒のお問い合わせいただく事でお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。ご興味のある方は下記リンクからお問い合わせくださいませ。

>>>お見積りページへ