気になる!外壁塗装の工事中の生活について

外壁塗装の工事は、お住まいの外周に足場を組み、飛散防止ネットを張るため普段通りの生活ができるか不安を抱く方が多くいらっしゃいます。「窓は開けられないの?」、「外出しても大丈夫?」、「洗濯物は干して大丈夫?」など色々なご意見を頂きます。そんな方のために、今回は外壁塗装の工事中の生活について気を付ければならないことをご紹介します。

外壁塗装工事の流れ

まずは、外壁塗装流れについてご説明します。

塗装業者が近隣の方へ挨拶周り→足場の組み立て→高圧洗浄→下地処理→塗装1回目(下塗り)→塗装2回目(中塗り)→塗装3回目(上塗り)→仕上げ・チェック→足場の解体→完了

という順序で工事は進んでいきます。塗装工事は足場などを組んだり、塗料が飛散し近隣のお住まいに迷惑がかかるリスクもあることから優良な業者は近隣の方への配慮を配るためにご挨拶に必ず伺うようにしています。挨拶を済ませた後、足場を組み本格的な塗装工事を始めます。塗装工事の作業の説明については今回では省きますが、工事期間は7日~10日程になります。大まかな流れはこのようになっています。

工事中の生活

工事中の間は、思ってもいなかったような疑問が出てきます。一つずつ見ていきましょう。

外出しても大丈夫?

外出に関しては問題ありません。外壁塗装工事は屋外で行われるため、施主が不在でも作業は進めることができます。塗装業者へのお茶出しはトイレの提供は強制でないため、常に在宅して準備する必要はありません。ただ、工事の際に電源や水道が必要になるときがあります。その際は、塗装業者から施主へ使用していいのかを確認する場合もあるので、外出する時は一声かけてから外出すると安心です。

窓はあけられる?

あまりおすすめすることはできませんが、可能です。塗料自体に有害性はありませんが、塗料の臭いが部屋に入ってきてしまう恐れがあります。使用する塗料が溶剤系塗料であれば臭いがきつく、水性塗料でも多少の臭いはあります。また、塗料の飛散も起こりうることからなるべく、窓を開けることは控えましょう。

洗濯物は干しても大丈夫?

基本的に、外に干すのは前述したとおり塗料の飛散や、塗料の臭いがついてしまう可能性もあるため、塗装業者からお断りされる場合が高いです。またベランダや庭などにはなるべく必要最低限の物以外は片づけて置くようにしましょう。洗濯物以外でも飛散により塗料が付着してしまう可能性はあります。片づけられる物は事前に片づけておきましょう。

エアコンは使用しても大丈夫?

夏場は窓も開けられず、エアコンも使用できないととてもつらい状況になってしまいますが、エアコンは問題なく使用することが可能です。塗装業者も足場を組み立てる際は、室外機の場所をしっかり把握して問題なく使用できるように配慮して足場を設置します。

騒音は大丈夫?

外壁塗装工事で騒音は主に足場の組み立て・解体、洗浄をする際の高圧洗浄機、ケレン作業で騒音が発生します。基本的に塗装をする準備段階で発生することが多いので、塗装が始まってしまえば騒音自体は発生することは少ないです。

雨の日はできる?

天気が雨の場合は、作業は中断となります。塗料はしっかりと乾燥させることが重要です。塗料の乾燥が不十分だと、塗膜がきちんと形成されず、重ねて塗ったとしてもすぐにひび割れ・剥がれができるようになってしまいます。なので、例え小雨だったとしても、塗装工事は絶対に行いません。

 

主に上がる疑問を挙げましたが、工事中は様々な疑問が出てくると思います。その際は塗装業者の方に率直に聞いてみましょう。塗装業者もお客様に満足して頂くことを第一に作業しているので、質問を投げて頂ければすぐにお答えしてくれると思います。

カベヌリタイムスから

カベヌリドットコムでは外壁塗装・屋根塗装を検討中の方に厳しい審査を通過した経験豊富な優良外壁塗装業者様をご紹介させていただいておりますので外壁塗装にお悩みの方、外壁塗装のお見積に関してご不安な方はカンタン15秒のお問い合わせいただく事でお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。ご興味のある方は下記リンクからお問い合わせくださいませ。

>>>お見積りページへ