梅雨はダメ!?外壁塗装の季節について解説

外壁塗装の時期という言い回しは二種類あります。一つは一年の内のどの時期に依頼するかということ、もう一つは外壁塗装をして何年かが経ち、そろそろ外壁塗装をしなくてはならない時期の二つがあります。今回は外壁塗装の一年の内のどの時期に依頼するかについてお話したいと思います。

 

外壁塗装を依頼する季節

外壁塗装は適している季節とそうではない季節が存在しています。塗料は、しっかりと乾燥させなければ機能が低下しています。この乾燥させることに適していない季節が6月〜7月の梅雨の時期にあたります。梅雨の時期は雨が降るだけでなく、降っていなくても湿度が高い日も多いです。湿度が高ければ乾燥させるのに時間が掛かってしまい、しっかり乾燥をさせずに進めれば仕上がりはお粗末なものになってしまいます。基本的に雨天の場合は、塗装業者も施工を中断することが多いため工期も延びてしまいます。かといって、冬が適していると言えません。冬は気温が低くなるため、湿度が低いとは言えど、塗料の乾きにくいです。外壁塗装は、湿度が低く気温も5度以上の季節、春もしくは秋が適しています。しかし、塗装には適している春や秋の季節もデメリットは存在しています。季節毎にメリット・デメリットを観ていきましょう。

季節 メリット デメリット
春 (3月〜5月) 天候が安定し、空気も乾燥しているので施工しやすい時期。 外壁塗装にとても適しているため、塗装業者の予約が埋まっている可能性が高い。
梅雨( 6月〜7月) この時期の外壁塗装を避ける方が多いため、塗装業者は比較的に空いている場合が多い。優良業者でも割引してくれる場合もある。 雨が多く、湿度も高いため工期が延びやすい。
夏 (7月〜8月) 空気は乾燥しているので施工しやすい。 業者によって、窓が開けられなかったり、エアコンが使用できない場合がある。また、思わぬ雨で工期が延びる可能性もある。
秋 (9月〜11月) 天候が安定し、空気も乾燥しているので施工しやすい時期。 外壁塗装にとても適しているため、塗装業者の予約が埋まっている可能性が高い。
冬 (12月〜2月) 天候が安定しているので、気温が5度を下回らなければ可能。また、1月は年始めということもあり、比較的に予約を取りやすい。  気温が5度以下、積雪の場合は施工ができないので、工期が延びる。また、湿度は低いが、気温も低いため塗料の乾燥がやや遅い。

外壁塗装は気温が5度以下、雨の日はできない

結論として、外壁塗装は雨の日はもちろんのこと、冬の場合でも気温が5度以下の場合は塗料が乾きにくかったり、塗料が固まる可能性もあるので施工を中止する塗装業者が多いです。また、外壁塗装に適している季節の春・秋は優良業者の場合、ほとんど予約が埋まってしまいます。適している季節に依頼する場合は、最低でも2ヶ月前に連絡を取ることが重要です。しかし、この時期は繁忙期にもなるので、費用が他の季節と比べると、割高になっていることもあります。優良な業者であれば、一年中塗装することは可能なので、まずは問い合わせて費用や時期について確認してみましょう。

 

カベヌリタイムスから

カベヌリドットコムでは外壁塗装・屋根塗装を検討中の方に厳しい審査を通過した経験豊富な優良外壁塗装業者様をご紹介させていただいておりますので外壁塗装にお悩みの方、外壁塗装のお見積に関してご不安な方はカンタン15秒のお問い合わせいただく事でお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。ご興味のある方は下記リンクからお問い合わせくださいませ。

>>>お見積りページへ