外壁塗装の基礎知識!ケレン作業って何?

外壁塗装のケレン作業という工程はご存知でしょうか。ケレン作業は外壁塗装を行う上で非常に重要な役割を果たしています。今回は外壁塗装の基礎となるケレン作業についてご紹介します。

 

ケレン作業って何?

ケレン作業とは、塗装を行う前に、外壁・屋根の鉄部分に当たるトタンなどの汚れや錆びを落とす、下処理段階の作業工程になります。外壁は雨風によって、日々ダメージを受けています。この傷んだ部分や汚れた部分を塗装を行う前に綺麗にすることがケレン作業になります。

 

ケレン作業の役割

ケレン作業の役割についてご紹介します。

汚れや錆びを落とす

外壁。屋根に汚れや錆びがある状態では塗装をすることができないため、この汚れや錆びを落とします。鉄製の部分に発生したサビは、綺麗に取り除かなければすぐにサビが発生してしまうので、しっかりと落とさなければなりません。

 

古い塗膜を落とす

汚れやサビ以外にも、古くなった塗膜を落とすことも重要な役割です。この塗膜が残ったまま、塗料を塗ってしまうと、外壁との密着性がなくなってしまうため、塗料本来の性能を出すことができなくなってしまいます。

 

仕上がりの質を上げる

古い塗膜が残っていると、外壁・屋根の表面は凸凹しています。この凸凹をなくすために表面を磨いて表面を滑らかにする必要があります。

新しい塗膜でしっかり、外壁を覆うことで塗料と外壁の密着性が上がり、ムラがなく塗料を塗ることが出来、また仕上がりもよく、長持ちする塗装をすることができます。

 

ケレン作業の種類

外壁・屋根の状態によって、ケレン作業はいくつかの種類に分けられています。それぞれの特徴を紹介していきます。

1種ケレン作業

外壁の鉄部の腐敗、劣化が激しい場合のみ行われます。1種では、サビなどの異物をブラスト工法と呼ばれる科学処理や酸洗を用いて、サビや古い塗膜を綺麗に取り除きます。科学物質を用いての作業になることから環境保全の関係上、一般的な住宅で行われることはないです。この作業を行わなけれならないほど劣化が進んでいる場合は、外壁そのものを交換するのが一般的です。

 

2種ケレン作業

古い塗膜の劣化が進んでいる場合に用いられる作業です。1種と違う部分は科学物質は使用せずにワイヤーホイル、ディスクサンダーなどの電動工具、ハンマー、スクレーパーなどの手工具を用いて作業することです。点錆が進行していてその面積が全体の約30%以上ある場合はこの手法が用いられます。
費用 1,500〜2,500㎡/円

 

3種ケレン作業

外壁の錆や剥がれが部分的にみられ、ほとんどは劣化していない塗膜の場合に用いられる手法です。軽度の塗膜の劣化の時に使用されることが多く、外壁塗装をする際に一番採用されているのが3種です。塗膜が劣化している部分のみを機械を使用せずに、手作業で落としていきます。
費用 500〜1,500㎡/円

 

4種ケレン作業

汚れや錆がほとんどない場合は4種の作業を行います。4種では錆や凸凹がある部分をワイヤーブラシや紙ヤスリを使用して磨きます。その後に、ほうきや拭き取りを行い綺麗にします。
費用 200〜500㎡/円

 

まとめ

ケレン作業は外壁塗装をする上で、重要な下処理工程です。この作業を簡単に済ませる悪質な業者も存在するので、見積もりをする際にはケレン作業の項目があるかを確認しておきましょう。このケレン作業を行わなければ、いくら上質な塗料を使用しても美しく、強固な外壁を作ることは出来ません。