外壁塗装の基礎知識!外壁塗装の下塗りについて | シーラー・プライマー・フィラー

外壁塗装では下塗り、中塗り、上塗りと基本的には三度塗料を塗る作業を行います。中でも、下塗りは他の塗る工程と使用する塗料は違います。下塗りはどんな役割を果たしているかを今回はご紹介します。

 

 

下塗り塗料の名称

下塗り塗料の名称は主にシーラー・プライマー・フィラーと呼ばれています。それぞれについて説明していきます。

シーラー
塗装する箇所に上塗り塗料の密着性を高める、上塗り塗料が外壁に吸収されるのを防ぐ塗料です。水性タイプと油性タイプの二種類があり、劣化状況や前回使用した塗料によって使い分けています。基本的には劣化がひどければ油性、少ないときには水性を使用します。

プライマー
接着プライマーや防錆プライマーなどがありますが、役割はシーラー同じ役割を持っている塗料です。

フィラー
外壁の凸凹やヘアークラックを補修する塗料。主にモルタル壁ではシーラーではなくフィラーが使用されることが多いです。

微弾性フィラー
シーラーとフィラーの二つの機能を兼ね備えているのが微弾性フィラーです。最近では、モルタル壁でヘアークラックがある場合は使用されることが多くなっています。しかし、下地の劣化が酷い場合は使用できない場合があります。

サーフェイサー
シーラーの上の中塗り塗料です。上塗りをムラなく塗るようにするために使用されます。

 

 

下塗りの重要性

下塗りの重要性は主に3つです。

下地と上塗り塗料を接着する

下地と塗料を接着させることは何よりも重要です。しっかりと接着されていなければ、フッ素系塗料などの耐用年数が高いグレードの塗料を上塗り塗料を使用していたとしてもその効果を発揮できません。大抵の場合は密着がされていないがために剥がれてしまいます。

 

外壁材が上塗り塗料の吸収を防止する

上塗り塗料に吸い込まれる性質を持っています。この性質によってムラなく同じ厚みで上塗り塗料を塗ったとしても下塗りをしっかり行っていなければ、自然と色のムラが出来てしまいます。この吸い込みを防ぐために、下地と上塗り塗料の間に下塗り塗料を塗らなければならないのです。

 

旧塗料によっての色ムラを防止する

塗料を塗る箇所の色にムラがあれば例え、ムラなく塗ったとしても下地の色にムラがあれば、仕上がりの色にもムラが出来てしまいます。仕上がりを良くするためには、まず下塗りで下地の色を統一させなけばなりません。

 

いくら、塗装に劣化がみられなかったとしても下塗りは外壁塗装をする上では必ずしなくてはいけません。また、使用する塗料によっては下塗りを数回行うこともあります。例えば、濃色から白にする場合は一回のみでは色が上手くはいらないために数回行うこともあります。

下塗りで使用する塗料の決定は塗装業者が行います。上塗りで使用する塗料によってどの下塗り塗料が最良かを判断し決定するので、顧客側でこうしてほしいと言った要望を出すことはあまりありません。しかし、悪徳な業者の中には、この下塗り工程を省いたり、もしくは簡略化したりする悪徳な業者もいるので、見積もりに下塗りの工程が入っていなかった場合は注意が必要です。

 

カベヌリタイムスから

カベヌリドットコムでは外壁塗装・屋根塗装を検討中の方に厳しい審査を通過した経験豊富な優良外壁塗装業者様をご紹介させていただいておりますので外壁塗装にお悩みの方、外壁塗装のお見積に関してご不安な方はカンタン15秒のお問い合わせいただく事でお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。ご興味のある方は下記リンクからお問い合わせくださいませ。

>>>お見積りページへ