モルタル壁からサイディングはできるの?

外壁塗装をする際に、思い切ってデザインを変えたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。その際に、モルタルからサイディングにしたいけど可能なのかという疑問が出てきます。今回はモルタル壁から外壁サイディングにするときの疑問や注意点について紹介します。

 

なぜモルタル壁からサイディング?

モルタル壁から外壁サイディングする理由として多いのは、景観を良くしたい、デザインを変えたいという理由が多いです。サイディングはデザインも豊富で耐久性もモルタルより高いと言われています。最近ではサイディングはメーカーで10年から15年の保証をつけているサイディングも出てきています。また、サイディングではメーカーが販売しているサイディングをカタログなどで確認することが可能なので仕上がりを容易に想像することができます。これらのことから、最近ではモルタル壁からサイディングにする方が増えてきています。

 

↓↓↓以下参考記事↓↓↓

徹底解説!サイディングの種類と特徴

 

モルタル壁を残すか残さないか

サイディングを張る場合は下地が必要になり、モルタル壁を撤去して下地処理をしサイディングを張るかモルタル壁を残してその上からサイディングを張るかの二種類の施工方法があります。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきましょう。

 

モルタル壁を残す場合

メリット
モルタル壁を残す場合は、外壁の上にさらに下地を張ってサイディングを張ります。メリットとして、撤去する場合と比較すると費用を安く済ませることが出来ます。

デメリット
全撤去する場合と比べ、デザインがある程度制限されます。これは、下地の強度に関係があります。外壁の上に下地を重ねるので強度が撤去したときと比べると低くなり、現在最も主流な窯業系のサイディングボードは張ることが難しいです。また、外壁の劣化が激しい場合はそもそも残すことができない場合もあります。

モルタル壁を残して行う場合は、基本的にサイディングの中でも軽い金属系のサイディングボードを使用します。金属系のサイディングボードは軽量で耐水性・耐久性に優れています。また、断熱性や防音性にも優れているので、金属系のサイディングボードにしたいという方は、モルタル壁を残すことを考えてもいいかもしれません。

 

モルタル壁を撤去する場合

メリット
メリットとして、撤去する場合は外壁を一度バリやピック等を使用し綺麗に取り外します。取り外すことによって、下地の劣化を確認することができるので、下地に劣化がみられる部分は補修することが出来ます。また、残す場合では使用することのできないサイディングで現在最も使用されている窯業系のサイディングボードも使用することが出来ます。デザインが最も豊富なサイディングなので、気に入るデザインが見つかるはずです。

デメリット
費用はモルタル壁に塗装を行う、モルタル壁を残してサイディングを行う手法と比較して費用はかなり上がります。大体の相場で150~300万円ほどになっています。他の施工方法では行わない撤去する作業が入って来るので、撤去費用がかかるので、どうしても費用は他の施工方法と比べたかくなります。また、作業期間も撤去作業が入ることから一週間ほど長くなってしまいます。

 

まとめ

現在では、ほとんどの新築ではサイディングが使用されています。また、サイディングはメンテナンスをモルタル壁と比較すれば頻度もそこまで多くする必要がないと言ったことも人気の一つです。一昔前までは、サイディングの方が耐久性もあると言われていましたが、塗料の技術が発展したことによって耐用年数でみれば大きな違いはないので、機能性でモルタル壁かサイディングを選択することよりかは予算やデザインで決めることが納得できる外壁塗装になるのかもしれません。