外壁塗装の基礎知識!!養生とは何か

外壁塗装では養生という工程が必ず必要です。今回はこの養生作業がどんな役割を果たしているか、養生の重要性についてご紹介します。

 

養生とは?

外壁塗装の養生とは、住まいに塗料が飛散しないようにビニールシートやマスキングテープなどで覆い建物に塗料が飛散するのを防ぐ役割を持っています。また、窓のサッシなどの塗らなくていい部分も養生し、塗料が飛散するのを防ぎます。

 

養生に使用する道具の種類

・ビニールーシート(ポリシート)

主に窓を養生するときは、このビニールシートを使用します。一般的なビニールよりも特大サイズの大きさになっています。

・マスキングテープ(紙テープ)

ビニールシートはこのテープで止めます。

・ガムテープ(布テープ)

ビニールシートを止める場合、このガムテープで止めることもあります。

・ノンスリップシート
床を養生する際は、ビニールの場合では滑ってしまう恐れがあるため、ノンスリップシートを使用します。

・マスカー
ポリシートに布テープがついたものがマスカーです。作業時間が削減できる便利な養生剤です。

・ブルーシート
人の行き来が多い玄関前や、特殊な塗料を扱う際は壁の養生に使用したりします。

・メッシュシート
家全体を覆う布シートです。隣家に塗料が飛散しないように足場全体を囲みます。

養生の重要性

養生は外壁塗装工事をする際は、塗装を行う前に必ず行います。塗料は一度付着し、乾燥してしまうと取り除くことは非常に大変な作業です。しっかりした仕上がりにするためには、まずこの養生作業は重要なものになります。

しっかりとした養生を行わかったために、トラブルになるようなことがあります。例として、

・しっかりと養生がされていないかったため、窓に塗料が付着していた

・外壁の近くに駐車していた車の養生がされていなくて、車に塗料が飛散していた

窓やサッシなどの塗料を取り除くためには、非常に手間がかかります。また、基本的に外壁近くに車が駐車されている場合は、車専用の養生シートを使用し車に塗料が飛散しないようにします。車に養生がされなかった場合、飛散が心配な方は塗装業者にお願いすることをおすすめします。

足場を雑にやるような塗装業者には注意が必要です。養生がしっかり行わなければ塗料がにじむ恐れがあり、メッシュシートをしっかり張らない塗装業者の場合は、塗料が隣の住宅に飛散してしまいトラブルになる可能性もあります。優良な塗装業者ほどそのような恐れがあることを理解しているので、養生の工程はしっかりと行なっています。

 

まとめ

養生は外壁塗装では欠かすことのできない工程です。しかし、この養生作業を行うことによって、窓が開けられない、日光を遮るので部屋薄暗くなってしまうなど生活には多少の不便が起きてしまいます。塗装業者の方でも窓際の工事を先に終わらせて窓が出来るだけ早く開けられるように工夫してくれるような塗装業者もいます。気になる方は工事前の段階で塗装業者に相談してみましょう。