外壁塗装の豆知識!!塗装工法について解説

現在の外壁塗装の塗装工法はローラーによる作業が一般的になっています。しかし、ローラー以外にも外壁に塗る工法はあります。今回はこの外壁塗装の塗装工法の種類についてご紹介します。

ローラー

一般的に採用されている塗装工法です。
メリットとして、塗料の飛び散りが少ないので、塗料の無駄な消費をしなくて済みます。また、比較的に塗りやすいので、ムラが出るなどの施工不良が起こりにくいのメリットとして挙げられます。塗料を厚く塗る際はローラーが一番塗りやすいと言われています。

デメリットは、細かいところを塗るのには向いていないことが挙げられます。細かいところまでローラーで仕上げるとなるとかなりの技術力が必要です。また、ローラー工法は比較的に作業時間がかかってしまう傾向があります。

 

刷毛

刷毛工法のみで施工する塗装業者はほとんどいません。
メリットとして、細かい箇所の塗装を行うことができます。主に仕上げなどで細かい箇所を塗装する際に使用します。また、ローラー同様塗料の飛散は少ないです。

デメリットを挙げるとひと塗りの範囲が狭いので刷毛工法のみで行う場合は非常に作業時間がかかってしまいます。

 

吹き付け

少し前までは、一般的に使用されていた工法です。吹き付けというのはスプレーガンという塗装専用の工具で外壁に噴射し塗布させていく工法です。

メリットとして、吹き付けることで複雑な模様、重厚感・立体感が出るといった多様な仕上がりにすることが出来ます。広範囲に厚みをつけられるので、仕上がりを長く保つことが可能です。また、比較的に作業時間を短くできることや工期が短いので費用が安いということもメリットとして挙げられます。

デメリットは、塗料が飛散しやすいです。意図しなかった場所に塗布してしまったり、風が強い日であれば、隣家まで飛散してしまいトラブルになってしまうこともあります。飛散してしまうことから塗料も無駄が多くなってしまいます。

また、養生する際も吹き付けを行う場合は庭にある植物や建具などにも飛散してしまう恐れがあるので養生することになります。植物は長い間、養生すると枯れてしまう恐れもあります。
最後に吹き付け工法は高い技術が必要になります。塗装業者によってどうしてもムラがでてしまうこともデメリットとして挙げられるでしょう。

 

どの工法がいいか?

ローラー(刷毛) 吹き付け
費用 高い 安い
飛散 少ない 多い
工期 長い 短い

特徴をまとめると、上記のようになっています。工期も短く、費用も安い吹き付けを選びたくなりますが、吹き付けは飛散が多いことから、隣家が近い場合だと施工は難しいです。また、塗装業者に高い技術力を要するため業者の方でも基本的にはローラー工法を採用していることが現在は多いです。

結論として、凸凹のある立体的なデザインを希望しない限りはローラー工法にするのが無難です。ローラー工法は、塗装業者によって技術が偏ったいることはなく、飛散も少ないことから施工不良などといったトラブルになることを回避できます。外壁塗装工事はトラブルになることが多い工事と言われています。高い費用もかかるので失敗しないためにはローラー工法を選ぶといいかもしれません。