外壁塗装の豆知識!中塗り・上塗りについて

外壁塗装では塗る工程は一回ではありません。基本的には3回以上行うことが一般的で、下塗り・中塗り・上塗りと三回の工程に分けられています。今回は中塗りと上塗りではどんな役割があるかを解説します。

 

外壁塗装の塗装工程

外壁塗装では、3度の塗装工程に分けられます。
まず、一回目に行われるのが下塗りです。下塗りの役割は外壁を装飾する塗料ではなく外壁を保護する役割を持っています。色を付けるわけではないので、使用される塗料も中塗り・上塗りの塗料は違います。

そして、中塗り・上塗りでは塗装を仕上げるための工程です。基本的には中塗り。上塗りでは同じ塗料を使用します。なので、見積もり書には中塗りを省略し、上塗り(2回)と表記する塗装業者もいますが、これに関しては中塗りを行わないというわけではないので、特に問題はありません。

 

なぜ何回も塗るのか?

基本的に一回のみ上塗りの場合、外壁に均一に塗料を塗ることは難しいです。どうしてもムラができてしまうため均一にするために、複数回に分けて塗る必要があります。また、外壁塗装では塗膜をしっかり厚く張ることが大切です。

一回の塗装の場合、塗膜が薄く気泡が発生しやすくなります。この気泡を埋めるために二回目の塗装を行う必要があります。

外壁塗装はただ装飾するためだけに、行っているわけではありません。塗膜をしっかりと形成し、外壁を守るという役割がとても重要です。しっかりと守られていなければ外壁内部に水分が入り込んでしまい住まいに重大なダメージを受けることになってしまいます。

また、要望した色によっては3回の塗装では色が入らない場合もあります。住まいの色が大きく変わる場合は、3回の塗装よりも多くなります。

 

まとめ

外壁塗装の悪徳な塗装業者の場合、塗る回数を中塗り・上塗りの工程を1回だけにするような手抜き作業を行う塗装業者も存在します。

外壁塗装を依頼する際は見積書に塗装回数がしっかりと明記されているか確認しましょう。優良な塗装業者であれば回数ごとに項目が分かれています。悪徳な塗装業者の場合ほとんどがは「上塗り塗料」という項目のみで記されているので、回数までは明記されていない場合が多いです。

塗装回数は塗装業者によって変わってきます。遮熱塗料、光触媒塗料をなどの特殊な機能をもった塗料を使用した外壁塗装を依頼する場合は、塗る回数は4〜5回になることもあります。また、塗り残しを確認するために、中塗り塗料と上塗り塗料の色をあえて変えることで塗り残しがないことを確認する塗装業者もいらっしゃいます。

塗料の塗装回数を知っていくことで、大体の費用や悪徳業者を見極めることもできるので、ぜひ覚えておきましょう。