外壁塗装が早期に剥がれてしまう原因を解説

現在の外壁塗装の寿命は塗料のグレードにもよりますが、一般的には10年と言われています。しかし、時には10年を待たずして塗料が剥がれてきてしまうことがあります。今回は塗料が早期に剥がれてきてしまう原因について解説します。

 

早期に剥がれる原因

塗料が早期に剥がれる原因は単なる経年劣化というわけではありません。ほとんどの場合は、塗装業者の施工不良による場合が多いです。原因として考えられるものはいくつかあります。

 

外壁の洗浄不足

外壁塗装では、塗料を塗布するまえにしっかりと外壁を洗浄することから工事が始まります。この洗浄は外壁を綺麗するためだけに行われているのではなく、古い塗膜を削ぎ落とすという重要な役割も持っています。外壁にホコリやゴミ、古い塗膜が残っている場合は塗料の密着率が低くなるため、早期の塗料の剥がれの原因に繋がってしまう場合があります。

 

下塗りがしっかりと施されていない

外壁塗装の塗料は1回塗ればいいというわけでなく、複数回に分けて塗ることが一般的です。下塗りとは1回目に塗る作業のことで、下塗りは色をつけるために行う作業でありません。この作業では下地と後に塗られる塗料との密着を良くするという役割があります。下塗り作業がきちんとなされていなければ、剥がれの原因に繋がってきます。

 

塗料の乾燥不足

外壁塗装の塗料には油性と水性の二種類があります。現在ですと、大抵は水性塗料が使用されており、水性塗料は水を蒸発させて残った樹脂で塗膜を形成させます。

この塗膜の乾燥がしっかりとされていないうちに、次の塗料を塗ると早期の剥がれに繋がります。乾いていない中塗りの塗料の上に上塗りを行うと上塗り塗料の水分が吸収されてしまい、塗膜がきちんと形成されなくなってしまいます。

 

希釈が不適切

塗料には適切な量と塗装方法が決まっています。指定している希釈率より水やシンナーを多めに混ぜることで塗膜が薄くなり剥がれる原因になります。塗装業者にとっては薄めることで塗料の使用量を抑えることができ、材料費を減らすことができるので、悪徳な塗装業者はこの方法を使用するので、注意が必要です。

 

剥がれを放置するのは危険

塗装に剥がれが起きてしまった場合、放置しておくと剥がれはどんどん広がっていきます。やがて、下の層も剥がれが起きると雨水が侵入しやすくなり、住まいに大きなダメージを与えてしまいます。

下地にまでダメージを受けていると下地補修までしなければならない状態になるので、再度外壁塗装をするときには費用が高くなっていまいます。

 

まとめ

外壁塗装の早期の剥がれは多くは施工不良によるものです。施工不良はどんなに優良な塗装業者でも間違いなく起きないとは言えません。この対策としては、

保証がしっかりとした塗装業者に依頼する

ということです。保証が整っていれば、例え施工不良が見つかった場合でも優良な塗装業者であれば無償で対応をしてくれます。外壁塗装を失敗しないための重要なことは優良な塗装業者に依頼できるかが大切です。

カベヌリタイムスでも厳選された優良な塗装業者様をご紹介していますので、ご気軽にご利用下さい。

>>>お見積りページへ