外壁塗装の塗料の性能について解説

外壁塗装の塗料を選ぶ上で、重要なことは色選びだけではありません。外壁塗装の役割は美観を良くするだけなく、家を守るという重要な役割を持っています。塗料のはそのために様々な性能を持っています。今回はそんな塗料の性能について解説します。

 

耐候性(耐久性)

塗料選びに最も重要なことと言っても過言ではありません。耐候性は言わば塗料の寿命です。耐候性が高ければ高いほど性能が良いと言われています。

この目安として、次の塗装まで何年ぐらいなのかを表す耐用年数というものがあります。塗料のグレードによってこの耐用年数が大きく変わります。

塗料の種類 耐用年数
アクリル系塗料 5~8年
ウレタン系塗料 7~10年
シリコン塗料 9~15年
フッ素系塗料 15~20年

こちらが塗料のグレードごとの耐用年数になります。最も使用されているグレードのシリコン系塗料は約10年と言われています。また、グレードの高い塗料のフッ素系塗料は約15年持ち、耐用年数が高ければ高いほど、費用も高くなります。

 

防カビ・防藻性

外壁塗料の汚れには、カビや藻があります。汚れは美観を損なうだけでなく、外壁塗装の機能も低下してしまいます。このカビなどの汚れを抑えるために防カビや防藻性の機能のある性能があります。

 

遮熱性・断熱性

外壁よりも特に屋根用の塗料に求められる性能です。遮熱性が高いと熱を遮断することができるので、室内の温度が上がらないようになります。一方、断熱性が高ければ熱が内部までに伝わりにくくなるだけでなく、室内の熱も逃しにくくなります。これによって、夏は涼しく、冬は暖かくすることが可能です。

 

弾性

弾性というのはゴムのような伸びる性質のことです。外壁のひび割れの対策に用いられるもので、弾性が高ければひび割れようとする力にも追従して伸びるのでひび割れしにくい塗料になります。

 

耐酸性

酸性雨によって外壁や屋根が酸性化してしまうこともあります。外壁が中性化してしまうことによってサッシなどのサビが出てしまうことがあります。耐酸性が性能が高ければ錆びにくい塗料になります。

 

まとめ

外壁塗装の塗料選びは非常に重要です。耐用年数だけなく、その地域の性質を理解しておく必要があります。例えば、海沿いに住まいがある場合、塩害によって外壁塗装は錆びやすくなるので対策が必要になります。

外壁塗装では色選びだけなく、性能面も考慮して判断するようにしましょう。