最新塗料!!ラジカル塗料の性能を徹底解説

外壁塗装で現在一番使用されている塗料のグレードはシリコン系塗料です。その上のグレードと言えばフッ素系塗料ですが、最近ではその間にラジカル塗料が入ってきています。ラジカル塗料は最新鋭の塗料であり、じわじわと評価を高めている塗料です。このラジカル塗料がどんな性能を持っているのかを今回はご紹介します。

 

ラジカルとは?

ラジカル塗料は、シリコン塗料やフッ素系塗料のような主成分がラジカルの塗料というわけではありません。このラジカルというのは、樹脂や顔料の有機物を劣化させるものであり、塗料に含まれている酸化チタンが太陽光の紫外線に当たることで発生します。酸化チタンというのは、白などの淡彩色を調色する際に必要な成分であり、下地の

ラジカルは塗料にダメージを与えるものであり、劣化を促進させます。外壁塗装の劣化の症状の代表例として挙げられる「チョーキング現象」はこのラジカルが原因になっています。

 

ラジカル制御型塗料

ラジカル塗料というのは、ラジカルを主成分としているのではなく、ラジカルを制御する塗料です。なので、「ラジカル制御型塗料」と言ったほうが正しいです。ラジカル制御型塗料は酸化チタンにラジカルを発生させない特殊な酸化チタンを使用しているので、紫外線によるダメージを防ぐことができるので、塗料の耐候性を延ばすことが出来ます。

ラジカルは主成分ではないので、ラジカル塗料の中にもラジカル制御型シリコン塗料、ラジカル制御型アクリル塗料など、使用する主成分の成分によってグレードが分かれています。なので、ラジカル塗料の耐用年数は塗料のグレード毎に違うことを覚えておきましょう。

特徴として、外壁を触れた際に白い粉が付着する劣化現象のチョーキング現象に対して効果を発揮します。チョーキング現象が発生しないということは、塗料の塗膜の劣化を防ぐことができているということなので耐候性の向上につながっています。

デメリットとして、濃色の場合はあまり効果を発揮できないことが挙げられます。これは、濃色の場合、酸化チタンを使用することがないからです。酸化チタン自体が必要ないので、濃色にはラジカル塗料は向いていません。
また、ラジカル塗料は注目されるようになってから日が間もないです。まだまだ、塗料のバリエーションや実績も少ないため、ラジカル塗料を採用している塗装業者を探すことが難しいです。

相場の一例として、ラジカル制御型シリコン塗料の相場をご紹介します。

グレード 費用 耐用年数
ラジカル制御型シリコン塗料 2,200~2,800円/㎡ 10~15年
シリコン塗料 1,800~2,000円/㎡ 8~12年

 

 

まとめ

ラジカル塗料についてご紹介しました。重要なことは

・正式名称は「ラジカル制御型塗料」
・ラジカル塗料の中にもグレードはある
・濃色の場合は効果を発揮できない

・種類・実績が少ない

こちらが挙げられます。まだまだ、実績が少ない塗料にはなりますがこれから普及していく塗料と言われているので、塗料選びの際は検討してみてはいかがでしょうか。