サイディングに使用されるクリア塗料について解説

外壁塗装のサイディングではクリア塗料というものがあります。このクリア塗料は言葉通り透明色な色をしています。透明なので、デザインを維持したまま外壁を保護することができるというメリットがあります。今回はこのクリア塗料について解説します。

 

クリア塗料の特徴

クリア塗料は外壁塗装のメンテナンスの時期になったが、デザインを維持して外壁塗装のメンテナンスを行いたい場合に使用されます。同じデザインのサイディングボードがもう存在しておらず、デザインを変えるしかない場合はこのクリア塗料が使用されます。

しかし、このクリア塗料が使用できないケースがいくつかあります。まず一つ目に光触媒塗料やフッ素塗料などのグレードが高い塗料を使用している場合はクリア塗料が使用できません。これらの塗料は性能が高い塗料と言われています。この性能を高くするために特殊なコーティングがされており、このコーティングがクリア塗料と相性が悪く、クリア塗料を上から塗ってしまうと早期に塗料が剥がれてしまう原因になってしまいます。

また、チョーキング現象が発生しているほど劣化が激しい場合もクリア塗料を塗装することは難しいです。チョーキング現象が発生していると白い粉が出ているので上から塗装してしまうと白ボケしたような模様になってしまうため、そのままの状態ではデザインが悪くなってしまいます。しかし、一度色のある塗料を塗装してからクリア塗料を塗装すればデザインは維持したまま塗装することができます。

最後にコーキング上に塗装することもできません。クリア塗料を塗装してしまうと塗膜が汚染されたり、剥離したりする原因となっしまうので避けて施工する必要があります。

 

クリア塗料の費用

クリア塗料も一般的な塗料と同じようにグレードがあります。グレードごとに費用も変わってきます。

クリア塗料の相場は以下のようになります。

塗料 単価(㎡あたり)
アクリル塗料 1,000~2,000円
ウレタン塗料 1,500~2,500円
シリコン塗料 2,000~3,500円
フッ素塗料 3,000~5,000円

クリア塗料は一般的に使用される塗料と比較すると、塗る回数を減らすことができるので、費用は安くなる傾向があります。しかし、寿命は重ね塗りしているだけになるので、短いという点には注意が必要です。

まとめ

サイディングでよく使用されるクリア塗料をご紹介ました。デザインは気に入っているので、維持したままメンテナンスを行いたいという場合には最適な塗料です。しかし、クリア塗料は使用する条件が多く、場合によっては使用できない点には注意が必要です。