モルタル壁の仕上げについて解説

外壁塗装のモルタルの仕上げは様々なものがあります。サイディングと異なり、デザインが施工前から決まっているものではありませんが、味のある仕上がりになることがモルタル壁の塗装のメリットでもあります。今回はモルタル壁の仕上げの種類についてご紹介します。

 

モルタル壁の仕上げの種類

リシン

粉状に砕いたセメントや石、着色剤などを混ぜたものを吹き上げて下げる方法です。落ち着いた雰囲気の仕上げになりますが、汚れがつきやすい点から現代ではあまり使用されることがない工法です。

 

スタッコ

セメント、合成樹脂のエマルションなどと石を混ぜた原料を吹き付けたり、コテやローラーで表面に凸凹をつけて仕上げる方法です。元々は、大理石などの粘土粉を混入したものを指していましたが、近年ではモルタルセメントを使用する方法が流行っています。

 

吹き付けタイル

樹脂などの結合材と硅砂、軽量骨材などの主原料を混合した材料をタイルガンという口径の大きい塗装機で吹き付けて指します。吹き付けタイルの仕上げは又の名をボンタイル仕上げとも言われます。吹き付けた部分を山の頭の部分を平らにするヘッドカット仕上げという方法もあります。この方法は主材を吹き付けたあとにローラーで表面を転がし頭の部分が平らになり仕上がります。

 

ジョリパット

ジョリパットとはアイカ工業の商品名です。今までの仕上げとは違い塗料と砂を混ぜた壁材のことで吹き付けや佐官で仕上げます。とてもおしゃれなデザインなのでデザイナーズマンションなどで採用されています。

 

まとめ

外壁塗装のモルタル壁の仕上げについてご紹介しました。モルタル壁の仕上げは外壁のデザインを左右する重要な工程です。また、仕上げの選択は耐用年数にも関わってくるので最適な選択をしましょう。