外壁塗装の基礎知識!!弾性塗料とは

外壁塗装の塗料には様々な機能を持った塗料があります。防カビの機能をを持った塗料、錆止めの機能を持った塗料などがあります。その中でも 弾性塗料 というひび割れを防ぐ機能を持った塗料があります。今回はこの弾性塗料についてご紹介します。

 

ひび割れを防ぐ弾性塗料

弾性塗料は、シリコンやフッ素系などの塗料に硬化剤を混ぜて弾力性を上げたものです。弾力性が高ければ下地にヒビ割れが起こった場合に、伸縮性が高いのでヒビが悪化して表面化することを防ぐことができます。普通の塗料であれば下地がひび割れた場合、下地から塗膜にまでヒビが起こりヒビ割れが表面化します。ヒビが外から見える状態になってしまうと、そこから水分の侵入をゆるしてしまうため、住まいに大きなダメージが与えてしまうリスクがあります。

弾性塗料はモルタル壁で使用されるのがほとんどです。モルタル壁はサイディングと比べよくひび割れが起こります。原因として経年劣化や雨や風などからダメージを受けることによって起こります。このひび割れを弾性塗料で防ぐことにより、外壁の寿命を延ばすことができるのが弾性塗料の最大のメリットと言えます。

 

弾性塗料の工法

弾性塗料の工法は一般的な塗料と工法が変わります。主に3種類あります。

複層弾性塗料

塗る回数を多くすることでひび割れに強い外壁を作ります。

・下塗り
・高弾性の中塗り塗料(1回目)
・高弾性の中塗り塗料(2回目)
・上塗り塗料(1回目)
・上塗り塗料(2回目)

基本的に5回の塗装を行います。
中塗りと上塗りの塗料はグレードが違う塗料を塗ります。この工法は厚い塗膜を作ることができるので、ひび割れには非常に強い外壁を作ることができます。しかし、塗る工数が多くなることから使用する塗料や工数も多くなるので、費用は高くなります。

 

単層弾性塗料

単層弾性塗料は一般的な工法とほとんど変わりません。

・下塗り
・上塗り塗料(1回目)
・上塗り塗料(2回目)

複層弾性塗料と比べると、厚みが薄くなるので弾力性が落ちます。費用に関しては複層弾性塗料よりは抑えることはできますが、一般的な塗料よりは高くなります。また、使用される上塗り塗料のグレードがアクリル系が多いです。アクリルは一般的にグレードが低く、耐用年数も一般的に使用される塗料よりも低いことから単層弾性塗料をおすすめしない塗装業者もいます。

悪徳な業者は、一般的な塗料と同額もしくはそれより安く弾性塗料を勧めてくることがあります。こういった業者には注意が必要です。使用する塗料は弾性塗料であるのは間違いないのですが、弾性塗料は基本的に水で薄めて使用する塗料です。悪徳な業者規定以上に薄めることによって、使用する塗料を減らし費用を削減します。規定以上に薄めてしまえば仕上がりがよくなることはありません。

 

微弾性塗料

これは上記二つの工法とは違い下塗りに微弾性塗料を使用する工法です。
微弾性フィラーという下塗り塗料を塗り、その上に上塗り塗料を塗る工法です。微弾性フィラーは厚みがあるため弾力性をある程度は持たせることはできますが密着性がシーラーよりも悪くなることから、耐用年数は他の工法より短くなります。

 

サイディング外壁には弾性塗料は使用できない

現在の外壁塗装の主流はサイディング外壁です。しかし、弾性塗料をサイディングに使用することはおすすめされていません。夏場はサイディングボードの温度が80度近くまで上がります。サイディングの上に弾性塗料を塗装すると熱がこもり、その熱によって塗膜がふくれてしまう現象が発生します。また、シーリングの部分のひび割れは弾性塗料では追いつかないといので、弾性塗料はサイディング外壁には向いていません。