コスパ最高!?シリコン塗料の性能を徹底解説

シリコン塗料は現在最も使用されている塗料です。なぜシリコン塗料は人気があるのかを今回はご説明します。

 

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料の正式名称はアクリルシリコンと言います。特徴としてまず初めに挙げられるのがコストパフォーマンスが非常に優れている点です。主要な塗料のグレードの耐用年数と単価相場は以下のようになっています。

耐用年数 平均単価相場
アクリル系塗料 4〜7年 1,000円〜2,000円
ウレタン系塗料 6〜10年 1,800円〜2,000円
シリコン系塗料 10〜15年 2,300円〜3,500円
フッ素系塗料 15〜20年 3,500円〜4,500円
ラジカル系塗料 8〜15年 1,500円〜2,500円

アクリル塗料やウレタン塗料と比較すると単価は高く感じるかもしれませんが、耐用年数に関してはアクリル塗料の倍近い性能を持っています。外壁塗装は費用が非常にかかる工事です。短い周期で工事をすればそれだけ費用がかかるので、長い目でみればシリコン塗料の方がお得になります。

また、現在の住宅で使用されている塗料の内、7~8割がシリコン塗料が使用されていると言われています。したがって、塗装業者もシリコン塗料を最も使用していることになります。塗装業者が使い慣れている塗料選択することで塗装業者による工事不良といった思わぬミスを軽減することができます。

 

 

シリコン系塗料の注意点

安すぎるシリコン塗料には注意!!

紹介した単価相場より安い見積もりだった場合には注意が必要です。

主流であるグレードの塗料であることから、耐久性の低い塗料が出回っていたり、場合によっては、シリコン系塗料を偽ったグレードを出しているところまであります。

一般的な塗料の耐用年数が10~15年ですが、こういった低価格のシリコン塗料の耐用年数は約5〜7年程度になってしまいます。これではコストパフォーマンスが高い塗料とは言えません。

 

長過ぎる保証には注意!!

保証期間は基本的に塗装業者独自で期間を設けています。

シリコン塗料の場合、5年前後が一般的ですが、中には10年保証する塗装業者がいたりします。この場合は注意が必要です。耐用年数が10年以上持つんだからいいのではないかと思われがちですが、基本的に10年保証するという塗装業者は保証してくれないと考えた方がいいです。

理由として、自然劣化の場合は保証対象外になっているからです。外壁は10年も経てば劣化します。これは外壁塗装では仕方のないことであり業者側に不備があったというわけでもありません。
例え、ひび割れが発生していたとしても、自然劣化と言われてしまえば保証対象外になってしまいます。

「自然劣化も対応します」といった塗装業者も存在します。ですが、この場合も保証は受けれないでしょう。理由として、塗装業者が計画倒産をするケースがあります。会社が倒産してしまえば保証を受けることはできませんし、必ず保証しなければならないといった法律も存在しません。保証の範囲を曖昧にして「10年保証します!!」といった謳い文句には注意が必要です。

 

まとめ

シリコン塗料は非常に優れた塗料です。もしどの塗料にすれば分からないといった方にはこのシリコン塗料をおすすめできます。しかし、一般的に普及している塗料でもあることから悪徳な塗装業者が利用してくる塗料でもあるのが現状です。しかし、シリコン塗料の単価相場や特徴を理解していれば、こういった悪徳な塗装業者を見極めることができます。

 

↓↓↓塗料に関する参考記事↓↓↓

外壁塗装・屋根塗装リフォームに使われる塗料の種類