外壁塗装Q&A⑥~工事後編~

【外壁工事後のお困りごと】
外壁塗装に関する素朴な疑問にお答えします。

Q.工事後の片付けは業者さんがしてくれるの?

A.はい。業者さんが片付けをしてくれます。
外壁工事が完了したら、作業に使用した足場や用具などを撤去します。その後に現場周辺の清掃を行ない、ゴミは持ち帰ってくれます。

Q.工事後、臭いは残らないか?

A.臭いの感じ方は個人座があるので一概には言えませんが、低臭タイプでも若干臭いが残る場合があります。
また、塗料によっても異なりますが、1~2週間程度残ることもあります。

Q.色に納得が行かない場合はどうすればいいの?

A.色見本だけで確認して色を決めた場合、実際に外壁に塗ってみると、色あせて見えたり淡く見えることがあります。さらに日の当たり方などによっても色のも印象が変わります。
特に色にこだわりがある人の場合、塗装後の色に納得が行かずに工事のやり直しを希望する場合もあります。
基本的には契約後に色の変更はできませんので、色を変えたい時は塗装業者に相談しましょう。
業者側の明らかなミスや過失でない場合であれば追加料金を支払ってやり直してもらうことができますが、
施工の終盤の段階での変更の場合は見積金額の1.5倍近くの金額になってしまうこともあるのでご注意ください。

Q.塗料の飛び散りに対する保険などはあるの?

A.工事をしていて万が一、隣家の壁や車などに塗料が飛び散ってしまった場合に備えて、「請負業者賠償責任保険(工事賠償責任保険)」というものがあります。
ほとんどの塗装業者はトラブルに対する補償としてこの保険に加入しています。
この保険は通行人の服を汚してしまったときや強風で保護フェンスが倒れてしまったときなどにも適用することができます。
心配であれば念のため、契約段階で工事してくれる業者さんがこの保険に加入しているかどうかを確認しておくと安心でしょう。

Q.塗装のやり直しはしてもらえるの?

A.結論から言うと状況によっては可能ですが、すべての業者さんがやり直ししてくれるわけではありません。
また、やり直し可能であっても追加料金が掛ってしまうケースも少なくないです。
明らかに業者さん側に過失がある場合は、やり直しがきくでしょうが、色ムラが気になるだとかカラーシュミレーションで想定していた色と違うので納得いかないなどといった程度の問題であれば、
料金はすべて自己負担となると考えてほぼ間違いないでしょう。

Q.工事後もケアしてくれるの?

A.業者さんによります。工事が完了したらそれで終わりというところもありますし、工事後もしっかりアフターサービスをしてくれる業者さんもあります。
業者さん選びをする際には、定期点検やメンテナンスなどを行ない長期的にサポートしてくれる業者さんかどうかを確認しておくことも大事なポイントになります。
大抵は無料でやってくれる場合が多いですが、中にはオプションとして有料になる業者さんもありますので、その部分も合わせて確認しましょう。

Q.不良工事が起こった場合の保証は?

A.一般的に保証の対象となるのは外壁塗膜の剥がれのみとなります。
業者によって保証内容が異なるので、中にはひび割れや変色なども保証対象となる場合もありますが、ごくまれなケースです。

Q.保証期間はどれくらいなの?

A.大体5~10年前後の保証が一般的とされています。
ただし、塗料の材質や工法などにより、耐用年数が違ってきます。一般的な塗料の耐用年数が7~10年程が限度になります。
価格の安いアクリル製の塗料の場合だと耐用年数は約5年とされていて、フッ素だと10年くらい持つと言われています。
したがって塗料の耐用年数よりも保証期間が長い場合は、保証内容を今一度確認した方が良いでしょう。

Q.工事後に外壁の色褪せや剥がれを発見したらどうすればいい?

A.塗料の品質に問題がある場合、本来の耐久性を保持できにくく、工事後からあまり時間が経たないうちに数ヶ月ですぐに塗装が剥がれはじめた、色褪せが目立ってきたといった劣化症状が見られることがあります。
このような不具合は保証期間内であれば、業者さんに症状を伝えて補修依頼をすれば対処してくれます。
中には保証書を交わしてなくても、対応してくれる業者さんもあるので、保証書がないからといって諦めずに一度連絡してみることをオススメします。

↓↓↓保証に関する関連記事はこちら↓↓↓

知っておいた方が良い!外壁塗装の保証とトラブルについて