冬に注意!!外壁塗装の凍害について解説

凍害とは寒冷地において、コンクリート中の水分が気温や日射による影響を繰り返し受けることで、水分が凍結、融解を繰り返し、この膨張圧によりコンクリートのひび割れ、剥離・剥落を発生させることです。外壁塗装ではコンクリート製の窯業サイディングの方法を用いた外壁塗装をしている場合に発生することがあります。凍害を放置した場合は、大規模な補修工事が必要になるため費用が非常に高くなります。そんなことにならないために、今回は凍結についてご紹介します。

 

外壁塗装の凍害

外壁塗装の凍害はひび割れ、錆び、腐食という症状の中でも、非常に危険なものです。

外壁塗装のサイディングで現在主に使われている窯業系サイディングボードはコンクリート製でできていることからサイディングの中でも凍害が一番発生しやすいです。これは、コンクリートには隙間に水分が侵入しています。気温が基本マイナス2度を下回らない地域では、そのまま水蒸気のままなのですが、マイナス2度を下回ると固形化され、いわゆる氷になります。水は氷になる時に体積が膨張するので、その膨張で外壁を中から押し出そうとします。この行程が繰り返されることによって、中から外壁がどんどん押し出されていき、やがては凍害の症状になっていきます。

国内で発生しやすい都道府県

北海道・青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・新潟県・福島県

 

凍害の症状としては主に3種類あります。

ポップアウト現象

コンクリートの表面が薄い箇所が剥がれ落ちる現象

スケーリング

外壁の中で水分が凍結融解を繰り返すことで、剥離する現象。

ひび割れ

スケーリングの被害が悪化すると、外壁にひび割れが発生します。ひび割れが発生していると、外壁の中に水分が侵入しやすい状態にあるので、被害が拡大してしまう恐れがあります。

 

凍害が発生しやすい場所

凍害は水分がある場所で起こりやすいです。以下の周辺の外壁は凍害が発生しやすいと言われています。

・リビング

冬場だと暖房を使用することによって室温と外気温の差からサッシに結露が発生します。この結露が外壁に吸収されてしまうと、凍害を起こす原因になります。

 

・建物の角

サイディングの角の部分は接合不良が一番起こる箇所です。接合不良が起きている場合、外壁の内部にに雨水の侵入を許してしまうため原因になります。

 

・目地回り

サイディングの境目にある継ぎ目の部分です。ここのシーリング剤が劣化してしまうと水分を外壁の内部に侵入を許してしまいます。

 

・風呂場・キッチン・洗面所

もちろんのことですが、水回りに当たる箇所は湿気が多いため外壁に水分が侵入しやすいです。

 

 

凍害への対策

凍害の主な原因は塗膜の劣化によるものです。塗膜の経年劣化はどうしても起こっていしまうため、
塗膜の効果が失われる前に、外壁塗装を行うというのが一番の対策になっています。
塗膜の劣化をみるために、定期的に外壁を確認しましょう。しかし、凍害の被害は素人目では判断つけることが難しいです。そのために、5年に一回は専門家に外壁をチェックしてもらうようにしましょう。

地元業者に依頼する

外壁塗装を依頼する場合、大手業者に依頼するのではなく、地域密着型でやっている地元業者に依頼することをおすすめします。地元業者はその地域の気候を熟知しているので、凍害が起こりやすい地域にいる地元業者は凍害への対策もバッチリしてくれます。逆に、大手業者の場合施工するのは基本下請け業者です。下請け業者は場所によっては遠方の塗装業者であるため、その地域の気候は把握しきれておらず凍害への対策をしっかりと行ってくれない場合があります。

 

 

まとめ

凍害は建物に甚大な被害を与える可能性もあります。被害も目に見えづらいことから定期的に外壁をチェックすることを心がけておきましょう。すぐに気づくことができれば、一部の補修のみで済ませることも可能です。しかし、一番重要なことは依頼する塗装業者、リフォーム業者が凍害に対する知識を持ちあわせているかです。凍害への対策を施していなければ、いくらコマメに外壁の確認をしたとしてもすぐに被害がでてしまいます。依頼する際は、地元の塗装業者に依頼することが凍害への対策といるのではないかと思います。

 

カベヌリタイムスから

カベヌリドットコムでは外壁塗装・屋根塗装を検討中の方に厳しい審査を通過した経験豊富な優良外壁塗装業者様をご紹介させていただいておりますので外壁塗装にお悩みの方、外壁塗装のお見積に関してご不安な方はカンタン15秒のお問い合わせいただく事でお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。ご興味のある方は下記リンクからお問い合わせくださいませ。

>>>お見積りページへ