外壁塗装の火災保険について解説

火災保険では火事による被害だけでなく、風災や水害による被害を受けた場合も保険が適用されることとなっているので、台風などによる自然災害で被害に会った時も、保険を使って補修できる事があります。

外壁塗装でも、基本的には難しいですが、自然災害による被害を受けた時には外壁塗装も適用される場合があります。今回は外壁塗装の火災保険についてご説明します。

 

火災保険が適用される条件

前述の通り、外壁塗装に火災保険が適用される条件は自然災害によって被害を受けた場合になります。

自然災害というのは、落雷や風災、水害によって、建物に損害を受けた場合になります。

例えば、台風の日に住まいに飛来物が飛んできて外壁の一部を損害したといった場合は火災保険を適用できる場合があります。

経年劣化は適用外

火災保険は経年劣化では間違いなく適用されません。自然災害に起因しない劣化や、時間が経ったことによって変質・変色をしたという場合は、適用外になります。

 

適用対象かの判断

適用されるかの判断は保険会社が損害の状況の調査を行い保険が適用できるかどうかを判断します。災害によって、被害を受けた場合はまず保険会社に問い合わせて、確認することが大切です。

外壁塗装の適用される判断は「風災」と判定されることが必要になります。風災の定義とは

・強風や竜巻によって外壁や屋根が破損した。
・台風や暴風雨によって外壁や屋根が破損した。
・突風によって外壁や屋根が破損した。

これらの定義に当てはまる場合は、火災保険が適用される場合があります。風災判定はその損害が台風などによる風災によって受けたのか判断が難しいため、風災判定が下りるケースは少ないと言われているのが特徴です。

 

火災保険詐欺の悪徳業者に注意

上記の通り、外壁塗装で火災保険を適用させるには非常に難しいです。しかし、火災保険が適用できるという方法を使用して、

・保険料で費用は賄えます!
・無料で工事できます!

といった謳い文句で営業してくることがあります。これは本来火災保険が適用外にも関わらず、火災保険を無理やり取り付けるケースが多発していて、外壁塗装の業界で問題になっています。

・火災保険が降りるからといって余計な工事が取り付けられた
・火災保険が適用されなかった

といったトラブルがよく起きています。
必要としていない工事もつけられて費用が相場の倍以上の見積もりを出すところがあったり、火災保険が降りないからといって工事を中断する場合は、解約料金を請求され余計に費用がかかってしまうといったことが起こっています。

 

まとめ

外壁塗装の火災保険はきちんと使えば、しっかりとした保証が受けれらます。

しかし、費用を抑えたいがために、火災保険を適用するといった方法はトラブルになりやすいです。

基本的には自然災害で損害を受けてしまった時以外は火災保険は適用できないということを覚えておきましょう。