外壁塗装の色で汚れが目立たないのは?失敗しない色の選び方!

外壁塗装に関する情報

「外壁の色選びの失敗は絶対にしたくない!」
外壁を塗り替えるなら、今までの外壁の色とは違うカラーを試したい!と思う人も多いと思います。そこで不安なのが色選びですね!

塗装した色がイメージ以上に派手で「周囲の笑いもの」にならないよう。

今回は、外壁塗装の色で汚れが目立たない色や、失敗しない色の選び方を紹介します。

この記事の内容

  • 外壁塗装の色選びでよくある失敗例
  • 失敗例から分かる失敗しないポイント
  • 汚れが目立つ外壁の色

この記事では、上記の点について詳しく解説します。

外壁塗装の色選びでよくある失敗例

外壁塗装の色選びの時には、気づけないような失敗は後々出てくるものです。

塗り終わってから「あれ?この色はちょっと・・・」となるのを未然に防ぐ為に、次のよくある失敗例を確認しましょう。

思っていた色と違った

思っていた色と違った

外壁塗装の色選びで多い失敗が、カタログで決めた色で頼んだら、イメージよりも色が濃く、色が違って見えるという現象です。

小さなカタログ見本から色を選ぶと、派手になりやすい傾向があります。

これは、人の目の錯覚の関係上、小さい色の方が濃く見えてしまうという事を覚えておきましょう。

汚れが目立つ色だった

汚れが目立つ色だった

せっかくキレイに塗装してもらったのに、しばらくして汚れが目立つ色と気づくことも失敗例でよくあることです。

雨・ホコリ・黄砂などが目立つ色だと、建物自体の劣化が防げても、見た目をキレイに長持ちすることができません。

屋根や玄関の色と合わない

屋根や玄関の色と合わない

外壁の色を単体でみると、綺麗な色にみえても、屋根・玄関の色との相性が合わなかったという失敗もよくあります。

周辺の家の中で浮いてしまう

周辺の家の中で浮いてしまう

先ほどご紹介した、「思っていた色と違う」という所にも当てはまりますが、思っていたよりも色が派手だったなどの原因で、周辺の家の中で浮いてしまうという失敗もあります。

完工後に外壁の色が派手で、周囲の笑いものにされたと、恥ずかしい思いをする人も少なくないので、注意しましょう。

外壁塗装の色選びを失敗させないコツ

楽しみに待っていた外壁の色で失敗したらショックは大きいですよね。

そこで、外壁塗装の色選びを失敗しないためのコツとして、抑えておくべきポイントをご紹介します。

汚れが目立たない色を選ぶ

汚れが目立たない色を選ぶ
汚れが目立たない色として人気な色

  • グレー
    外壁に付着する砂ボコリ・カビ・黄砂をカモフラージュする色
  • アイボリー
    グレーよりも建物を軽い印象にみせるのが特徴
  • ベージュ系
  • クリーム系

外壁の汚れが一番目立たないことで、人気なのがグレー!
外壁につくカビ・黄砂・ホコリなどをカモフラージュする中間色として人気です。

アイボリーやベージュ系の色も、外壁についた汚れと同化させることが出来ます。
グレーよりも建物の印象が軽く見えるクリーム系の色もおすすめです。

汚れが目立つ色もご紹介します。

汚れが目立つ外壁の色

この2色をもし、使いたいと思ってる場合は、白色ならアイボリー寄りの色、黒色ならグレー色に近い色を選び、少しでも汚れを目立たせない色に近づけることがおすすめです。

屋根や玄関の色で色彩の相性を確認

屋根や玄関の色で色彩の相性を確認

外壁の色を選ぶ前に、家の塗装しない部分の色を確認し、相性の合う色を選ぶことがおすすめです。

塗装しない部分と相性の良い色を選ぶことで、家全体のバランスが整ってみえ、より綺麗な印象に見えます。

周辺の家と馴染む色合いにする

周辺の家と馴染む色合いにする

普段、なんとなく見えいる周辺の家の色にも重視することで、周辺の家の中で色が浮いてしまうということが解決できます。

外壁の色合いが周辺と馴染んでることで、ご近所付き合いも良好に保てるかもしれません。

外壁塗装をご依頼はカベヌリへ

カベヌリは、福岡県の外壁塗装の一括見積もりを無料で行います。
外壁塗装の業者をお探しの方は、カベヌリへご相談ください!

見積もり依頼
見積もり依頼