外壁塗装で確定申告ができる条件は?税金は戻ってくる?

外壁塗装に関する情報
40代 主婦
外壁塗装で確定申告ができるのはどんな条件の時?税金が戻ってきてくれたら嬉しいな…

今回は、この疑問についてしっかり解説します。
外壁塗装で確定申告を行うことで、一部の人には税金が帰ってくるかもです!

\ お見積り殺到中! /
今すぐ外壁塗装のお見積りをする

外壁塗装で確定申告を受けれる条件

外壁塗装で還付を受けれるのは、次の条件をすべて満たす必要があります。

  • 申告者が住んでいる住居の外壁塗装である
  • 外壁塗装を行う住宅の床面積が50m2以上
  • 工事金額が100万円以上で、リフォームローンを組む
  • リフォームローンの期間が10年以上
  • 申告者の所得が3000万円以下

申告者が住んでいる住居の外壁塗装である

申告者が住んでいる住居の外壁塗装である

所有している住宅であることは、絶対条件ですが下記の条件も満たさなければなりません。

  • 工事が完了してから6ヶ月以内に、申告者が住み始めてること
  • 控除が適用される各年の12月31日までに住んでること

次に当てはまる場合は、対象外になります。

  • 両親の工事費用を代わりに支払う場合
  • 別荘など普段の生活で住んでいない住宅
  • 申告者以外の家族が住んでる住宅
  • 経営やオーナーをしてる賃貸物件

外壁塗装を行う住宅の床面積が50m2以上

外壁塗装を行う住宅の床面積が50m2以上

外壁を行う建物の床面積が50m2以上の工事を行う場合は対象に入ります。

床面積は登記に基づいて算出されますので、外壁工事を行う際や、申告前に確認しておきましょう。

100万円以上の工事費用でリフォームローン

100万円以上の工事費用でリフォームローン
対象となる工事部分

  • 外壁の塗装
  • 屋根の塗装
  • 雨樋などの付帯物の塗装

建物に直接触れていない、物置やフェンスは対象外になる可能性があるので注意しましょう。

リフォームローンが10年以上

リフォームローンが10年以上

ローンの期間が10年以上の120回以上の場合、対象になります。

また、利率も0.02%の場合は、対象外になるので、ローン会社によっても対象にならない場合があります。

申告者の所得が3000万円以下

申告者の所得が3000万円以下

申告者の所得が3000万円以下の場合に対象となります。

また、株式所得や不動産所得をお持ちの人は、それらも含めて所得として扱われます。

申告者のみの所得で判断されるので、ご家族の所得は含まれません。

外壁塗装をお願いする前に確認しよう!

外壁塗装をお願いする前に確認しよう!

外壁塗装を頼む前に、対象者か分かると、色々を考えながらお願いできるのでしっかり確認しておきましょう。

福岡県にお住まいの方は、カベヌリにご相談頂ければ、外壁塗装の業者様へ一括見積もり依頼と、ご紹介ができます。

カベヌリは無料でご利用できるサービスなので、ぜひお問い合わせください!

見積もり依頼
見積もり依頼